最新記事

事故

インドネシア証券取引所ビル、中2階崩落で77人負傷 爆弾の形跡なし

2018年1月15日(月)18時59分

 1月15日、インドネシアの首都ジャカルタにある証券取引所ビルで、中2階部分が崩落した。警察によると少なくとも77人が負傷した。写真は同取引所ビルに集まる救急車。ジャカルタで撮影(2018年 ロイター/Darren Whiteside)

インドネシアの首都ジャカルタにある証券取引所ビルで15日、中2階部分が崩落した。警察によると少なくとも77人が負傷した。警察は爆弾が仕掛けられた形跡はないと発表。付近を封鎖し、避難作業を進めている。

けが人の多くは、取引所ビルに見学に来ていた学生という。

崩落したのは、1階のメインロビーの上に張り出す形になっていた中2階部分。現場にはガラスやコンクリート片などが散乱している。

崩落後、同取引所は午後の取引を再開した。

同取引所は2棟の高層ビルで1990年代後半に建てられた。世界銀行や国際金融公社(IFC)なども入居している。2000年9月にはイスラム武装勢力の自動車爆弾による攻撃を受けた。

[ジャカルタ 15日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ビジネス

米FRB、経済の完全な回復まであらゆる手段行使=パ

ビジネス

米FRB、一般企業と地方政府に資金供給 2.3兆ド

ワールド

中国、新型コロナ検査強化へ 再発リスクに警戒

ワールド

カナダ、新型コロナ死者最大2.2万人も 3月は10

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月