最新記事

人種問題

H&M人種差別問題の過熱で幼いモデルが引っ越しに追い込まれた

2018年1月17日(水)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

問題になったパーカーのロゴ「ジャングルで一番クールな猿」(左) DocHicksTv-YouTube 

<スウェーデン在住のわずか5歳のモデルは、人種差別を経験したこともない。何が起こっているかもわからないのに身の危険を感じている>

アパレル大手のH&Mがオンラインショップに掲載した写真で年明け早々に炎上した問題は思いのほか深刻だ。H&Mが掲載していたのは、パーカーを着用した黒人の子供モデルの写真で、胸に施されたプリントのロゴが「人種差別だ」として問題になった。書かれていたのは「COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE(ジャングルで一番クールな猿)」だ。

このことがSNSを中心にバッシングを受けると、1月8日にH&Mが謝罪を表明。写真の掲載を中止してからも怒りの声は収まらない。なかでも、昨年H&Mとのコラボ商品をリリースした歌手ザ・ウィークエンドが1月9日に自身のツイッターで「もう二度とH&Mと一緒に仕事をするつもりはない」と表明したことで状況は悪化。契約を解消する意向を表明している。H&Mの一部店舗には、人種差別を非難するグループが乗り込む騒動にまで発展している。

(ザ・ウィークエンドの投稿。「今朝起きたらこの写真を目にして、ショックを受けたし恥ずかしい気持ちになった。すごく腹を立てているし、二度とH&Mと一緒に仕事をするつもりはない」)

白人モデルには違うロゴ

また、件のパーカーと同じシリーズの商品には「SURVIVAL EXPERT(サバイバルの達人)」という文字がプリントされたものもあり、着ているのが白人の子供モデルだということも問題視された。

メトロ紙によると、ヒップホップ界の大物でアパレルブランド「Sean John(ショーンジョン)」のプロデューサーを務めるP.Diddyことショーン・コムズが、問題のパーカーを着ていた黒人モデルに対し自身のブランドの専属モデル契約を持ちかけたという。提示金額が推定で100万ドル(約1億1000万円)と噂されており、その破格の金額からも注目が集まっている。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月