最新記事

人種問題

H&M人種差別問題の過熱で幼いモデルが引っ越しに追い込まれた

2018年1月17日(水)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

問題になったパーカーのロゴ「ジャングルで一番クールな猿」(左) DocHicksTv-YouTube 

<スウェーデン在住のわずか5歳のモデルは、人種差別を経験したこともない。何が起こっているかもわからないのに身の危険を感じている>

アパレル大手のH&Mがオンラインショップに掲載した写真で年明け早々に炎上した問題は思いのほか深刻だ。H&Mが掲載していたのは、パーカーを着用した黒人の子供モデルの写真で、胸に施されたプリントのロゴが「人種差別だ」として問題になった。書かれていたのは「COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE(ジャングルで一番クールな猿)」だ。

このことがSNSを中心にバッシングを受けると、1月8日にH&Mが謝罪を表明。写真の掲載を中止してからも怒りの声は収まらない。なかでも、昨年H&Mとのコラボ商品をリリースした歌手ザ・ウィークエンドが1月9日に自身のツイッターで「もう二度とH&Mと一緒に仕事をするつもりはない」と表明したことで状況は悪化。契約を解消する意向を表明している。H&Mの一部店舗には、人種差別を非難するグループが乗り込む騒動にまで発展している。

(ザ・ウィークエンドの投稿。「今朝起きたらこの写真を目にして、ショックを受けたし恥ずかしい気持ちになった。すごく腹を立てているし、二度とH&Mと一緒に仕事をするつもりはない」)

白人モデルには違うロゴ

また、件のパーカーと同じシリーズの商品には「SURVIVAL EXPERT(サバイバルの達人)」という文字がプリントされたものもあり、着ているのが白人の子供モデルだということも問題視された。

メトロ紙によると、ヒップホップ界の大物でアパレルブランド「Sean John(ショーンジョン)」のプロデューサーを務めるP.Diddyことショーン・コムズが、問題のパーカーを着ていた黒人モデルに対し自身のブランドの専属モデル契約を持ちかけたという。提示金額が推定で100万ドル(約1億1000万円)と噂されており、その破格の金額からも注目が集まっている。

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れ…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月