最新記事

難民

法務省、難民申請6カ月後の就労許可を廃止 申請者の6割は収容施設へ?

2018年1月12日(金)18時23分

1月12日、法務省は、難民申請制度について、申請6カ月後から就労を許可する現在の運用を廃止すると発表した。就労目的の難民申請が急増していることを受け、「濫用・誤用的な申請を抑制する」としている。15日から適用する。写真は東京拘置所。2015年12月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

務省は12日、難民申請制度について、申請6カ月後から就労を許可する現在の運用を廃止すると発表した。就労目的の難民申請が急増していることを受け、「濫用・誤用的な申請を抑制する」としている。15日から適用する。

上川陽子法相は午前の会見で「(難民の)受け入れを消極的にするという趣旨ではない。保護が必要な難民への適正な対応に傾注したい」と述べた。

今回の見直しでは、難民申請後2カ月以内に申請者を、1)難民の可能性が高い人、2)明らかに難民に該当しない人、3)再申請を繰り返している人、4)その他──に分類する。1)には速やかに就労を許可する一方、2)や3)については就労不可として、在留期限終了後に新たな在留資格を付与しない。

日本では2010年3月から、難民申請を行った6カ月後から認定手続きが完了するまでの間、就労が認められるようになった。

申請数はその後増加を続け、2016年の申請者は1万0901人と初めて1万人を上回った。認定数は28人にとどまった。

2017年1─9月の申請者は1万4043人に上り、前年同期からさらに1.8倍に増加した。認定数は9人だった。

法務省では、1─9月の申請者のうち、難民の可能性が高いと判断される人は「1%未満ではないか」としている。また今回の見直しによって、申請者全体の約6割にとって在留や就労に制限がかかり、その結果在留が認められず収容施設に収容される人が増える、と予想している。

NPO法人難民支援協会は今回の措置を受け、「大多数の難民申請者は、申請中の就労を前提とされている。この権利が制限されると、生きていけない人が大量に生まれることになる」とし、「今回の見直しが、真に保護を求める難民を排除し、生存が危うくなる人たちを増やすことがないよう、慎重な運用と定期的な見直しを求める」とのコメントを発表した。

(宮崎亜巳、舩越みなみ)

[東京 12日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ワールド

中国、3月の全人代延期案を2月24日に討議 政協も

ワールド

マカオ、今月20日からカジノ営業再開へ

ビジネス

ソフトバンクG出資のOYO、19年3月通期は損失6

ビジネス

香港キャセイ航空、上期大幅減益を予想 新型肺炎によ

MAGAZINE

特集:新型肺炎 どこまで広がるのか

2020-2・18号(2/11発売)

感染者数がSARSを超えた新型コロナウイルス── 「起きるべくして起きた」中国発の感染症を止める処方箋

人気ランキング

  • 1

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレス社会」

  • 2

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 3

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

  • 4

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 5

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    マクロンも羨む日本の定年引き上げ、フランスで「70…

  • 8

    新型コロナウイルス、初の死者で「信認低下」懸念 …

  • 9

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 10

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 1

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待されたのは猫か少女か?

  • 2

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 3

    韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウイルス

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

  • 6

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 7

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 8

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 9

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 10

    新型肺炎:1人の医師の死が引き起こす中国政治の地…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月