最新記事

アメリカ社会

ホワイトハウスは職員6割が一時帰休 米政府機関閉鎖で何が起きる?

2018年1月22日(月)13時05分

1月21日、米議会の与野党は連邦政府機関の一部閉鎖が2日目に入った21日も事態打開に向け協議を行った。写真はホワイトハウス。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Yuri Gripas)

米議会の与野党は連邦政府機関の一部閉鎖が2日目に入った21日も事態打開に向け協議を行った。上院はつなぎ予算案を東部時間22日正午に採決する見通し。

政府機関閉鎖に伴い、想定される影響の詳細の一部は以下の通り。

<軍事>

国防総省によると、アフガニスタンにおける軍事行動や、イラクとシリアにおける対イスラム過激派の作戦に影響はない。重要度の低い作戦に携わる文民職員は一時帰休となる。

<司法>

司法省では独自プランに基づき、約11万5000人の職員のうち約9万5000人が業務を続ける。 モラー特別検察官が進める「ロシアゲート」捜査も継続される。

合衆国裁判所事務局によると、最高裁を含む連邦裁判所は追加の予算措置なしで約3週間は通常通り業務を続けられるという。

<金融監督>

証券取引委員会(SEC)は引き続き業務を続け、一定日数は全職員が業務に当たると説明。独自のプランは「市場の完全性と投資家保護」に力点を置いていると付け加えた。

一方、商品先物取引委員会(CFTC)は職員の95%を直ちに一時帰休とする必要があると説明。ただ、金融市場の緊急時には職員を増やすことが可能とした。

<ホワイトハウス>

職員1715人のうち1000人超が一時帰休となる。当局者によると、トランプ大統領が出席する予定のダボス会議に必要なスタッフを含め、大統領は憲法上の職務を遂行する上で十分なサポートを受ける。

<税関連業務>

財務省が公表したプランでは、内国歳入庁(IRS)は職員の約43.5%に当たる3万5000人超が閉鎖期間中も業務を継続すると想定。確定申告が本格化する中、納税者への還付に遅れが発生するといった影響が見込まれる。

<空運>

航空旅客は大きな影響は感じないとみられる。国土安全保障省によると、運輸保安局(TSA)の職員5万8295人のうち5万3865人が閉鎖期間中も勤務に入れる態勢を取る。

連邦航空局(FAA)によると、航空管制に影響はない。

<融資>

一部の融資手続きが影響を受ける可能性がある。中小企業庁(SBA)はウェブサイトの更新が滞る可能性があるほか、融資手続きが進まない恐れがあると警告。また、予算措置が取られるまで問い合わせに対応できないとした。

住宅都市開発省傘下の政府住宅抵当金庫(ジニー・メイ)は21日、業務は継続するものの、人員は減ると説明。投資家への元利金支払いに問題はないとした。

<食品検査>

農務省の食品検査官は政府機関閉鎖中も業務を続ける。

<エネルギー>

エネルギー省は19日、予算割当額の大半が複数年にわたるものになっているとして、職員は政府機関閉鎖中も通常通り業務に当たると説明した。

[21日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

日銀が金融緩和の持続性向上策を議論へ、長期金利目標

ビジネス

トランプ米大統領、FRBの利上げを再度批判 「米国

ワールド

アングル:カジノ関連国内企業の動き活発化へ、IR法

ワールド

米の車関税含む貿易制限措置、回避へ「粘り強く対処」

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

  • 4

    トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

  • 5

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 6

    感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

  • 7

    世界で10万人以上が学んできた「先延ばし」克服の科…

  • 8

    「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

  • 9

    自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

  • 10

    もはやトランプは米安全保障上の脅威──米ロ密室会談…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 4

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 5

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 8

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 9

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月