最新記事

ロシア疑惑

トランプ、ロシア疑惑に関し特別検察官は「公正な捜査をすると期待」

2017年12月31日(日)11時00分

12月28日、トランプ米大統領はニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに応じ、米大統領選挙へのロシア介入疑惑を調査するモラー特別検査官(写真)が、自身を公正に扱うと信じていると述べた。2013年3月撮影(2017年 ロイター/Kevin Lamarque/File Photo)

トランプ米大統領は28日、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに応じ、米大統領選挙へのロシア介入疑惑を捜査するモラー特別検察官が、自身を公正に扱うと信じていると述べた。

同紙によると、大統領はフロリダ州ウエストパームビーチの自身のゴルフクラブで30分間のインタビューに応じた。

大統領は「共謀はなかったが、彼は公正な捜査をすると思う」とコメントした。

一方、捜査にかかる時間については「分からない」と述べた。長期化すれば米国の印象が悪くなるとした上で、自身の中核支持者の支援が強まったと指摘。「(支持)基盤は反発しており、基盤はこれまでにないほど強くなっている」と述べた。

一部の共和党議員は、モラー特別検察官のチームが反トランプ色を強めていると批判。有権者の間で捜査への信頼感が低下しているとの認識を示している。

特別検察官はトランプ陣営の4人を訴追した。

ローゼンスタイン司法副長官は今月、モラー特別検察官のチームによる不適切な行為は「認識していない」との見解を示している。

トランプ大統領は同紙とのインタビューで、自身がこれまで通商問題で中国に対して「甘かった」とも発言。対北朝鮮制裁にもかかわらず中国が北朝鮮に石油を輸出したと批判し、「石油が北朝鮮に流入している。これは私の結んだ合意ではない」と批判した。

同大統領はこれに先立ち、ツイッターで、中国が北朝鮮に対する石油供給を容認している「現場が押さえられた」とし、こうした行動は北朝鮮の核問題の平和的な解決を阻害するとの考えを示した。

大統領はまた、道路やその他インフラ整備への支出計画などを巡り、議会で民主党と取り組んでいきたいと述べた。

このほかトランプ政権が再交渉を目指している北米自由貿易協定(NAFTA)について不満を示した。カナダのトルドー首相が両国の貿易収支を検討する際にカナダの石油と木材の輸出の重要性を軽視しているとの考えを示した。

[ウエストパームビーチ(米フロリダ州) 28日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ビジネス

トヨタの格付けAa3確認、見通しをネガティブに変更

ワールド

中国・武漢で邦人1人が重度の肺炎発症し入院=岡田官

ワールド

この先1カ月も暖冬傾向、期間前半「気温かなり高い所

ワールド

米国との貿易協定を望むが、デジタル税は導入=英政府

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育ではなく「心を育てる」ことです

  • 2

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 3

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い理由

  • 4

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 5

    放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

  • 6

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 10

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月