最新記事

中国

クリスマスは精神的アヘン――中国グローバル化の限界

2017年12月27日(水)18時00分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

中国ではクリスマス慶賀が禁止された dml5050-istock.

習近平総書記の意向に沿って、中国の一部地域でクリスマス行事を抑制する動きが出ている。そこには中国共産党一党支配の限界と同時に、グローバル化経済における旗手を担えない中国の限界が見て取れる。

クリスマスは西洋の精神的アヘン

今年12月11日、湖南省衡陽市の中国共産党委員会・紀律検査員会は「党員幹部がクリスマス・イブやクリスマスの祝賀行事に参加することを厳しく禁止することに関する通知」というお達しを出した。

それによれば「第19回党大会における習近平の精神に基づき、党員幹部およびその直属の親戚は、西洋的背景のある如何なる宗教活動にも参加してはならない」とし、その例として「クリスマス・イブ」と「クリスマス」を挙げている。

党員および党幹部は、家族、友達、同僚、親友などに対して、社会管理の秩序を守り中華の伝統文化を発揚させるために、各機関、事業団体、企業、社会団体、小中学校や高校、大学において、西洋文化に毒された行事ではなく、愛国教育や中国伝統文化に根差した活動に邁進するよう宣伝活動を行なっていくこと、とも指示している。

何よりも驚くべきは、その「通知」の第四項に、以下のような文言があることだ。

四)党員幹部は厳格に共産主義という信仰を厳守しなければならず、クリスマス・イブやクリスマスなど、西洋の迷信や精神阿片(アヘン。中国語では鴉片)に盲従して、いかなる宗教活動にも参加することを許さない。もし発見したら、ただちに調査する。その結果、問責を受けるものと心得よ。

つまり、クリスマス行事に参加することは「精神的なアヘン吸引」に相当すると位置づけているのである。

同様の通達は、安徽省の共青団(共産主義青年団)からも出されており、ここでは「クリスマスは中国の"屈辱の祝日"である」とさえ書いている(12月17日)。なぜなら中国はかつて「西欧列強の侵略を受けたからだ」とのこと。

こうなると、西太后時代の義和団の乱(1900年、生活に苦しむ農民を集めて起こした反キリスト教の排外運動)に遡ることになる。

遼寧省瀋陽市の高等教育共青団組織は、「共青団員はクリスマスを祝賀してはならない」という決定を通達している。

朝鮮戦争の時に天津にはクリスマス・ツリーが

1950年6月、朝鮮戦争が始まった時、筆者は北朝鮮に隣接する吉林省延辺自治州の延吉にいた。街には北朝鮮から逃れてきた多くの難民が溢れ、「アイゴー、アイゴー」という泣き声が充満した。

ニュース速報

ビジネス

焦点:雇用と企業収益の指標に「水膨れ」疑惑、揺らぐ

ワールド

EUには英国の将来より重要な喫緊の課題ある=仏財務

ビジネス

米集合住宅空室率、第3四半期は4.8%に小幅上昇=

ワールド

在韓米軍次期司令官、米韓演習中止で即応性「わずかに

MAGAZINE

特集:エアライン大革命

2018-10・ 2号(9/26発売)

超長距離のノンストップ飛行から夢の「空飛ぶタクシー」までテクノロジーの進化で急速に変わる空の旅の最新事情

人気ランキング

  • 1

    日本は大坂なおみの二重国籍を認めるべき!

  • 2

    日本発のヤクザゲーム『龍が如く』がアメリカを席巻⁉

  • 3

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチック粒子が

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 7

    米国政治の混乱ここまで 米司法副長官がトランプの…

  • 8

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 8

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 9

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

  • 8

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月