最新記事

トラベル

アメリカン航空1万5000便で操縦士不足──システムがクリスマス休暇を与え過ぎ

Thousands of American Airlines Flights Left Pilotless

2017年11月30日(木)13時37分
サマー・メザ

クリスマスの欠員を何とか埋めようと必死のアメリカン航空 Laser1987/iStock.

<書き入れ時のクリスマスシーズン、人員は余剰と勘違いしたコンピューターが休暇を大盤振る舞い。株価も下落する騒動に>

クリスマスの旅行シーズンを控え、アメリカン航空は1万5000便を超えるフライトでパイロットを確保できず、顧客の予約をキャンセルせざるを得なくなっている。原因は社内システムの異常。パイロットと乗務員にクリスマス休暇をたくさん与えて過ぎてしまったのだ。

アメリカン航空はパイロットに通常の1.5倍の時給を支給する条件で、12月17日~31日の繁忙期の欠員補充を呼び掛けている。

ニューヨーク、シカゴ、ダラス、マイアミなど主要なハブ空港からの出発便をはじめ、多くのフライトで人員はもともと不足ぎみだが、システムは余剰があると誤認。通常なら書き入れ時の休暇申請はベテランのみに認められるが、勤続年数が浅いパイロットにも大盤振る舞いをした。

「航空会社は年中無休・24時間体制で営業している」と、アメリカン航空のデニス・タジャー機長はCNBCに語った。「人員のスケジュール調整が必須だが、それをするはずのシステムがサンタクロースになって、『みんな、休暇が欲しいかい? オーケー、全員にあげるよ』と言ってしまった」

労働組合が反発

アメリカン航空は早急にトラブルに対処し、フライト中止を避けようと必死だ。

「当社は問題解決に真摯に取り組んでおり、休暇シーズンの予約取り消しは回避できる見込みだ」と、同社の広報担当は声明を発表した。「予備のパイロットを12月のシフトに入れ、休暇を返上して勤務するパイロットには契約で定められた上限である1.5倍の時給を支給する。パイロットの労働組合と協議し、この措置に理解を得て、クリスマスシーズン中の顧客の旅行計画に支障が出ないようにする」

だがアメリカン航空のパイロット労組APAが会社側の言い分をすんなり認めるとは思えない。会社側が11月24日の従業員宛のメールで補充要員を募ると、APAは1.5倍の時給では不十分であり、労働側に事前の申し入れがなかったとして不服を申し立てた。

アメリカン航空は1日に約6700便を運航している。クリスマスシーズンに欠航が相次げば、収益が大幅に減るばかりか、顧客の信頼を失うことになる。パイロット不足が報道されると、同社の株価は2ドル近く下落。デルタ、ユナイテッドなどライバル会社の株価は軒並み3%以上上がった。

ニュース速報

ビジネス

米金融政策、段階的な利上げは適切=クオールズFRB

ビジネス

日経平均は大幅反落、金利上昇に伴う米株安に警戒感

ビジネス

ドル107円半ば、日生幹部「105円割れでは買いた

ワールド

豪首相、米大統領との首脳会談で中国やTPP協議へ=

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 4

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 9

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 10

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 3

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 6

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 7

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 8

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月