最新記事

ロシア疑惑

ロシア疑惑で初の容疑者拘束か トランプ周辺の怪しい人リスト

2017年10月30日(月)19時04分
ジェイソン・シルバースタイン、マックス・カトナー

やり手で知られるロバート・ムラー特別検察官 Larry Downing-REUTERS

<ロバート・ムラー元FBI長官がロシア疑惑の特別検察官に任命されて約半年、捜査の手はトランプ側近にまで及ぶのか>

昨年の大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ候補が有利になるようロシアと共謀して選挙に介入したとするロシア疑惑。その独立捜査を指揮するロバート・ムラー特別検察官が訴追する最初の容疑者が、早ければ10月30日にも拘束される可能性が出てきた。トランプの大統領当選を支えた側近たちが窮地に立たされる可能性もある。

初の訴追は、長い捜査の始まりにすぎない。これまでに名前が浮上しているのは以下の人物。

■ポール・マナフォート
トランプ陣営の元選対本部長

昨年の米大統領選で一時トランプ陣営の選挙対策本部長を務めたポール・マナフォートは、最も決定的な証拠を捜査当局に握られている。

米下院情報委員会のアダム・シフ下院議員(カリフォルニア州選出、民主党)は10月29日、訴追が予想される2人の人物の1人として、マナフォートの名前を挙げた。

米ニュースサイト、バズフィードは同日、マナフォートが海外に保有する複数の会社を経由した延べ13回、総額300万ドルに上る「疑わしい」海外送金に、FBIの捜査チームが目を付けていたと報じた。マナフォートは以前からウクライナの親ロシア派政党に協力するなど、外国の団体のためのロビイストや政治コンサルタントとして幅広く活動していた。

米紙ニューヨーク・タイムズは先月、FBIが7月下旬にバージニア州にあるマナフォートの自宅を家宅捜索した後、ムラーがマナフォートに「訴追を視野に入れている」と伝えたと報じた。

最初の容疑者がマンフォートでなかったとしても、いずれそうなる可能性は大だ。

ロシア当局者と深い関係

■マイケル・フリン
前大統領補佐官(安全保障担当)

シフはマナフォート以外に訴追される可能性がある人物としてマイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の名前を挙げた。

フリンはマナフォートと同様、外国から資金提供を受けていた疑惑がある。彼がマナフォートと異なるのは、トランプ政権発足後、安全保障担当大統領補佐官としてわずか24日間とはいえホワイトハウスで働いていたことだ。

米陸軍の退役軍人であるフリンは、政権発足前にロシア当局者と対ロ制裁について協議したことを米政府に隠していたと報じられ、2月13日に辞任した。またトランプ政権幹部として機密情報のブリーフィングを受ける立場にいた間に、トルコ政府に近い企業からロビー活動の報酬として53万ドルを受け取っていたことも発覚した。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月