最新記事

日本政治

知られざる小池百合子の濃厚アラブ人脈

Koike's Arab Connection

2017年10月24日(火)17時00分
山田敏弘(ジャーナリスト)

小池は都知事としての公務で出張していたパリで敗戦の弁を語った Charles Platiau-REUTERS

<国政復帰へののろしを上げた小池の外交政策に強い影響を及ぼす、イスラム世界との親密な関係>

1971年から大学時代をエジプトで過ごしたユリコ・ユージロー・コイケは、72年にカイロ大学に入学すると文学部社会学科に籍を置いた。

ユリコ・ユージロー・コイケとは、小池百合子・東京都知事の大学時代の登録名だ。エジプトでは父親の名前を名に入れるのが慣例で、小池も大学入学時に父親の名である「勇二郎(ユージロー)」を加えていた。

76年に卒業したコイケは、学生時代から「策士」だったという。日本人同級生によれば、コイケは同じクラスにアンワル・サダト大統領の妻ジハーン夫人がいることを知る。するとそれから、「授業ごとに徐々に近くの席に座るよう画策して、最後は隣になってなんとか知り合いになったんだよ」と、同級生は述懐する。「当時からかなり計算高い女性だった」。そうしてコイケは夫人とコネクションをつくり、後に単独インタビューも実現している。

カイロでの日々から40年以上たった今、小池が日本を揺るがしている。今年1月に地域政党「都民ファーストの会」を立ち上げ、7月の東京都議会選挙で都議会を席巻。その余韻が残るなか、10月22日に投開票される衆議院選に向けて新党「希望の党」を立ち上げ、自らが党首になると宣言し、野党第1党だった民進党をのみ込んだ。

一連の動きが、全て小池の計算どおりだったのかは分からない。ただ確かなことは、都知事でありながら国政政党のトップになることで再び国政に参加する意思を示したことだ。

「希望の党」が政権に絡む議席数を獲得すれば、小池も都政のみならず、日本の外交などにも携わっていくことになる。そこで気になるのは「アラブ通」を自称する小池の中東・アラブ地域とのつながりだ。アラブ人脈は「小池政治」にどんな影響を与えるのか。

小池の中東人脈をひもとくには、カイロ大学時代にさかのぼる必要がある。小池はエジプトを中心に石油を扱う貿易会社を地元兵庫で営んでいた父、勇二郎の人脈を生かし、留学時代から大臣級のエジプト政府有力者などの世話になっていたという。通訳として、勇二郎の商談やアラブ石油輸出国機構(OAPEC)の会議にも同行した。

その勇二郎のアラブ人脈は、日本ムスリム協会の元会長でアラブ世界に太いパイプを築いていた元外交官の斎藤積平が世話したものだったと言われる。勇二郎と交流のあった人物は、「彼がエジプトでやっていけたのは、ほとんど斎藤の後ろ盾があったから」と言うくらいだ。

勇二郎は貿易会社が倒産し、カイロで日本料理店を営むようになった後も、エジプトの要人との人脈を維持していた。そうした人脈も、娘の小池に受け継がれたとみるのが自然だろう。

ニュース速報

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

ワールド

イランの石油生産、サウジ・ロシアの生産で代替できな

ワールド

仏大統領、核廃棄条約の重要性をトランプ氏に強調

ワールド

独経済相、EU諸国にサウジへの武器輸出中止呼び掛け

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 10

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月