最新記事

テロ

満員のロンドン地下鉄爆発で22人負傷 ISISに感化受けた素人の犯行?

2017年9月16日(土)08時24分

9月15日、複数の目撃者によると、英ロンドンの地下鉄車両内で爆発があり、複数が負傷した。警察はテロ事件として捜査している。写真は現場となったロンドン西部のパーソンズ・グリーン駅(2017年 ロイター/Luke MacGregor)

通勤客らで込み合う英ロンドンの地下鉄車内で15日、手製爆弾が爆発し、22人がけがを負った。

警察はテロ事件として捜査、容疑者の行方を追っている。ただスカイニュースは、治安当局が容疑者1人を特定したと、関係筋の話を引用する形で伝えた。防犯カメラの画像が特定につながったという。

事件は0720GMT(日本時間午後4時20分)ごろ、ロンドン西部パーソンズ・グリーン駅を出発しようとした際に発生した。乗り合わせた目撃者によれば、乗客は連続爆発や銃撃を恐れて脱出し、地面に転落したり、人の下敷きになったりするなどした。

現場で撮影された複数の写真には、燃える白いバケツと銅線とみられるものなどが写っていた。

テロ対策当局の責任者は記者団に「にわか仕立ての装置が爆発した」との見方を示した。

米法執行機関の当局者や米情報関係筋は、過激派組織「イスラム国(IS)」が鉄道などの公共交通機関を襲うよう呼び掛けた、最近の動画メッセージを受けた犯行の可能性を指摘する。

当局者の1人は爆発装置について「さほどプロらしい仕上がりにはみえない」と指摘。容疑者は十分な訓練を受けた者でなく、ISのプロパガンダに感化された者が実行したことが、設計からうかがえるとの見方を示した。

トランプ米大統領はツイッター投稿で「敗者のテロリストがロンドンで新たな攻撃を仕掛けた」「これらは病んで、発狂した人々」との認識を示した。

[ロンドン 15日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

ソフトバンク、今期営業利益ほぼ横ばい 料金値下げが

ワールド

イスラエル軍、11日未明もガザ空爆継続 ロケット弾

ワールド

フィリピンでもインド型変異株を初確認、2人が感染

ワールド

駐日米大使にエマニュエル氏指名へ、元シカゴ市長=F

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 8

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 9

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月