最新記事

アウトドア

行動したルートを3Dで表示。スマホと連携するソーラーウォッチ SEIKO ランドトレーサー

2017年7月14日(金)14時30分
geared (ギアード)

SEIKO ランドトレーサー

スマートデバイス的な機能とユニークなギミックを備えつつも、シンプルな形をしたアウトドアウォッチ。

スポーツウォッチシリーズ セイコープロスペックス にラインナップされる新モデル ランドトレーサー は高度、気圧、温度、方位を計測するアウトドア仕様のソーラーウォッチ。Bluetoothを搭載しており、スマホと連携することで、位置情報を記録するなどといったスマートデバイス的な機能性も備えます。

sub3.jpg

アクティヴィティは専用のスマホアプリで記録。活動経路を3DでGoogleマップに重ねて確認することができるというおもしろい機能も用意されています。

sub2.jpg

景色の良い場所やルートの分岐点などを「ログポイント」としてボタンひとつで自由に記録しておけます。このログポイント間の距離や標高差、所要時間を、移動経路を示すタイムラインに表示。また、撮影した写真もタイムライン上に貼り付けられます。このようにアクティビティを簡単に、楽しく記録できるのが大きな特色になっています。

sub10.jpg

スマホのGPSによる位置情報と天気情報を使い、時計のディスプレイに現在地の天気、降水量と降水確率、風向と風速、湿度を表示します。さらに月齢と潮回りも確認できます。20気圧防水を備えているので、水辺のアクティヴィティにも対応するでしょう。厚さ12.41mmで重量は79g。

多くの機能性をスマホ側に預けることで、本体のインターフェースをとてもシンプルにしているのが魅力的に映ります。もちろんウォッチ自体がGPSを搭載していたり、スマートデバイス的に使えた方が信頼性や利便性は上でしょう。とはいえ、スマホは必ず携帯するし、そのうえでスマートウォッチを持つことをオーバースペックに感じる向きもいるはず。そういう方にとって ランドトレーサー は良い選択肢なのではないでしょうか。


執筆:Geared(Facebookページ)

○関連記事(ギアード)
世界をまたにかけるアドベンチャーをサポートするGPSソーラーウオッチ SEIKO LAND MASTER GREAT TRAVERSE

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月