最新記事

アメリカ経済

トランプ税制改革案、まったく無駄だった100日間の財源論議

2017年4月28日(金)16時00分
安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)

どんなに議論しても、結局、選挙公約に戻ってしまうトランプ大統領 Carlos Barria-REUTERS

<トランプが出してきた税制改革案は、ほぼ選挙公約のまま。就任以降共和党や民主党と費やしてきた議論はすべてチャラ、公約達成はさらに遠のいた>

4月26日、米国のトランプ政権が、税制改革の基本方針を明らかにした。出遅れていた議論を後押しする材料になるかと思いきや、出てきた内容は選挙公約とほとんど同じ。財政負担をどうするかなど、公約当時からの課題は残ったまま、議論は振出しに戻ってしまった。

紙ペラ1枚の税制改革案

紙1枚に箇条書き。たっぷり行間を空けて30行弱。

注目されていたトランプ政権の税制改革の基本方針は、あまりに簡素な内容だった。

「大きな発表を(来週の)水曜日に行う」

4月21日にトランプ大統領が大見得を切って以来、税制改革の基本方針には、大きな関心が寄せられてきた。トランプ政権は、4月29日に政権発足から100日の節目を迎える。所得税・法人税の大型減税を目指す税制改革は、トランプ大統領による選挙公約の目玉であるにもかかわらず、いまだに実現の目途が立っていない。トランプ政権が新たに方針を示す以上、停滞する議論を後押しする秘策が示されるのではないか、という期待があった。

期待は見事に裏切られた。簡素なだけではない。内容の点でも、示された基本方針は、大統領選挙当時の公約と、ほとんど変わらなかった。政権発足から100日に届かんとする月日を費やしたにもかかわらず、これまで障害となってきた論点が残されたまま、議論は振出しに戻ってしまった。

国境調整税は見送り

最大の論点は、税制改革による財政負担の扱いである。議会の異論にもかかわらず、巨額の減税を実現しようとするトランプ大統領のこだわりは揺らがなかった。

税制改革を実現させるためには、議会による立法が必要だ。まずトランプ政権が味方につけるべきなのは、同じ政党に属する共和党の議員たちである。

トランプ大統領が選挙公約とした減税の大きさに、議会の多数党である共和党は懐疑的だった。そもそも共和党は、財政赤字の縮小を目指している。そのため、減税の規模を小さくしたり、何らかの増税を併せて実施したりするなど、財政負担を軽減する方策が模索されてきた。

その典型が、議会共和党が提案してきた国境調整税の導入である。国境調整税では、輸出に減税を行う一方で、輸入への課税が強化される。米国への輸出が難しくなるとして、日本でも問題視されてきた税制だが、これが提案された背景には、財政負担を軽減する必要性があった。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは106円後半、実需の買いで上昇 後が続

ワールド

米韓、延期中の合同軍事演習実施へ協議中=韓国統一相

ワールド

英新党、EU離脱撤回目指す 最終合意否決を議員に要

ワールド

豪オイル・サーチ、2017年は大幅増益 パプアニュ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 2

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙。この男に心はあるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

  • 5

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    「トランプは我々を犬扱いした」プエルトリコの怒り…

  • 8

    「コーヒー摂取の健康リスク」に関する注意喚起がカ…

  • 9

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月