最新記事

ワークプレイス

R&D系オフィスの新潮流、マイクロソフトのBuilding 44に潜入!

Maximizing the Individuality of Each Team: New Trends in the R&D-based Office

2017年3月31日(金)19時02分
WORKSIGHT

明るいエントランスに、ビジターは以前の固いイメージとは異なるマイクロソフト社の文化的変化を感じとることができる。 WORKSIGHT

<ワシントン州シアトル郊外、マイクロソフト本社のBuilding 44には同社のクラウドサービス部門が入居している。そこは「ネイバーフッド」の概念が持ち込まれ、部署単位で最適化されたオフィス。チームごとの個性を最大化する、そのワークスペースを訪れた>

マイクロソフトが試みる「ネイバーフッド」の現在[Microsoft]


[課題]  独創的なサービスを生み出す
[施策]  部門ごとの個性を活かしたネイバーフッド
[成果]  フレキシビリティと革新性を持った新しいラボへ

ワシントン州シアトル郊外、レドモンドの街にあるマイクロソフト本社は、さながら 1つの街だ。約72万平方メートルもの広大な敷地に100棟を超える大小のオフィスビルが立ち並び、社員たちは皆シャトルバスで移動する。

今回取材したのは、なかでも同社クラウドサービス部門が入居する「Building44」。「独創的なサービスを作るためのオフィスはどうあるべきか」という問いに対するマイクロソフトの答えが、ここにはある。

キーワードは「ネイバーフッド」。一言でいうなら部署単位で最適化されたオフィスだ。2004年以来、同社はワールドワイドで「ワークプレイスアドバンテージ」に取り組んでいる。これはビジネスの変化に適した働き方を実現するオフィスのグローバルスタンダードだ。

R&D部門は顔を合わせて仕事をしたほうが成果が出る

結果「フリーアドレスを導入することでオープンスペース化し、部門間のコラボレーションを促す」スタイルのオフィスが各地に誕生、ワークプレイスの世界的な潮流となった。しかし「ネイバーフッドは、それとは完全に異なるモデルです」と同社グローバル・ワークプレイス・ストラテジストのマーサ・クラークソン氏。

「客先に出向くことが多い営業系の部門のオフィスはオープンになっていますが、R&D系の部門は席が決まり、皆がフェイス・トゥ・フェイスで仕事をしたほうがいい成果が出ると考えています」(クラークソン氏)

1980年代の半ばには、個室を持つのがソフトウェア開発には最も適しているとされていた。しかし時代を経て、商品開発がスピードアップすると状況は変わったという。

【参考記事】5割の社員がオフィスにこない、働き方満足度No.1企業

wsMicrosoft170331-1.jpg

部門ごとに好きなセッティングを実行できるのが特徴だ。各人が好みで変化をつけるのもいいし、チームで統一してもいい。天井のシャッターを下ろせば空間を隔てることも可能で、人数増減のフレキシビリティも確保されている。

wsMicrosoft170331-2.jpg

部署ごとにチームルームが与えられ、どう運用するかは一任される。ミーティングルームにしてもいいし、プロジェクトルームとして使うのもいい。手前の小さなエリアは電話会議などをするためのフォンルーム。

wsMicrosoft170331-3.jpg

遊び心のあるカリグラフィなどが壁やドアにさりげなく施されている。

ニュース速報

ワールド

アングル:イタリア総選挙、甘い公約に潜む「債務の時

ビジネス

アングル:米株の波乱「まだ終わらない」、古参投資家

ビジネス

アングル:米株市場、長期金利への反応に変化 一部に

ワールド

焦点:足元の原油安、底打ちはいつか

MAGAZINE

特集:AI 新局面

2018-2・20号(2/14発売)

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

  • 8

    北朝鮮の飢きんが生んだ「人造肉」 闇市と人民の工…

  • 9

    宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

  • 10

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月