最新記事

女性問題

トランプが止めた中絶助成を肩代わりするオランダの「神対応」

2017年1月26日(木)17時20分
ケビサ・スラナ

世界で100万人以上を集めたウィメンズ・マーチで、中絶規制強化に抗議する参加者(ワシントン) Canice Leung-REUTERS

<選挙中に「中絶した女性には罰を」と言ったこともあるトランプが、早速、中絶規制の強化に乗り出した。望まない妊娠をした女性を支援するNGOへの支援をストップするという。そこに救いの手を差し伸べたのが、女性の権利では指折りのリベラル国オランダだ>

 オランダ政府は24日、世界中の女性が人工妊娠中絶にアクセスできるよう国際的な基金を設立すると発表した。ドナルド・トランプ米大統領が就任早々、中絶に反対する「プロライフ(胎児の命優先)」の立場を鮮明にしたことを受けた動きだ。

 トランプの就任直後、世界で100万人以上がウィメンズ・マーチに集結し「プロチョイス(女性の選択重視)」など女性の権利を訴えたにもかかわらず、トランプが真っ先に署名した大統領令の1つは「ギャグ・ルール(別名「口封じルール)」。中絶や家族計画の支援を行うアメリカのNGOには連邦政府の助成金支払いを禁じるもの。女性の権利や女性の健康を気遣う人々はカンカンだ。

【参考記事】トランプ「中絶した女性に罰を」と発言、批判受け一転して修正

 そこで、アメリカが支援を拒む分、自分たちがやろうじゃないかと名乗り出たのがオランダ政府だ。

レーガン、ブッシュより厳しい

 このルールは、レーガン元大統領が1984年に発表して以来、代々の共和党大統領が施行し、民主党の大統領が撤廃してきたが、トランプの大統領令は最も厳しく、アメリカ国内でなく世界各国で活動するNGOが対象。途上国では望まぬ妊娠をした女性が隠れて危険な中絶を行わざるを得なくなるなど、妊婦の命が危険にさらされる。

 米政府の支援打ち切りを補うには多額の資金が必要になる。トランプの大統領令で今後4年間に6億ドルの海外援助が打ち切られる可能性があると、オランダ当局はみている。支援の打ち切り対象は幅広い医療支援活動に及び、アメリカのNGOの活動資金は最高で95億ドル減る可能性もあると、あるNGO関係者は言う。

【参考記事】「中絶ドローン」がポーランドへ飛ぶ

「当然ながら、オランダだけではこの穴は埋められない。支援が必要だ」と、オランダのリリアンヌ・プルメン外国貿易・開発協力相はBBCに語った。

 プルメンは既に約20カ国の財団などと事前協議を行い、手応えを得たという。個人からの寄付の申し出もあった。オランダ政府が拠出する金額は明らかにしていない。

 オランダは生殖に関しては世界でも屈指のリベラルな法制度がある国として知られる。同じく女性の権利保護に厚い北欧の国々の協力を期待することになりそうだ。

ニュース速報

ワールド

米軍などが駐留するイラクの空軍基地に複数のロケット

ワールド

米、日豪印とアジアのワクチン戦略策定 中国に対抗=

ワールド

ロシア、米国の制裁に報復へ=外務省報道官

ビジネス

ZOZO創業者の前澤氏、民間人月旅行の同乗者を8人

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 8

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 9

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 10

    「庶民派」菅首相を突き刺した、家族スキャンダルの…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月