最新記事

中国

露ハッキング喜ぶ中国――トランプ・プーチン蜜月を嫌い

2017年1月17日(火)17時41分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

ニューヨークで当選後初の記者会見を行うトランプ(1月11日) Shannon Stapleton-REUTERS

 アメリカ大統領選中にロシアがハッキングをしていたであろうことを認めたトランプ次期大統領の初の記者会見を、北京は大喜びしている。トランプ・プーチン蜜月を阻止し、習近平・プーチン蜜月に引き戻したいからだ。

記者会見で、ロシアの関与を認めたトランプ次期大統領

 1月11日、トランプ次期大統領が、当選後初めて記者会見を行なった。大統領選中に行われたサイバー攻撃に関して、トランプ氏自身が「ハッキングに関してはロシアだと思う」と、ロシアの関与を初めて認めた。

 ただし、「アメリカは他の国からもハッキングを受けている」としており、また「自分自身はロシアとはまったく無関係だ」といく度も強調している。

 アメリカ大統領選におけるロシアによるサイバー攻撃に関しては、昨年12月29日(日本時間30日)に、オバマ大統領が、ロシアの情報機関とその幹部を制裁対象とし、国内に駐在するロシアの当局者35人に国外退去を命じる報復措置を発表し実施していた。

 大統領選期間中、民主党候補のヒラリー・クリントン氏の陣営などがハッキングの被害に遭い、大量のメールが流出した件で、ロシアが関与していたという報告書がアメリカのCIAやFBIなどにより出されていたからだ。

 それ以外に実はBuzzFeed(バズ・フィード)というウェブサイトが、元イギリス情報局者と名乗る人物が作成したトランプ次期大統領とロシアをめぐる調査文書を全文公開していた。この情報は裏付けがなく証拠不十分であるとされているのに、アメリカの大手メディアの一つであるCNNは、記者会見前夜の1月10日に、「ロシアはトランプに関して不利な情報も握っている」という調査文書の概要を、オバマ大統領とトランプ次期大統領に渡したと報じた。

 これに関してトランプ次期大統領は、「そんなものは受け取っていない」「これはまるで政治的魔女狩りだ」と激怒し、記者会見でもフェイク・ニュース(偽のニュース)を流したとしてCNNの記者には質問をさせなかった。

 これら一連のことに関して中国大陸のメディアは大きく取り上げ、「記者会見ではロシアのハッキング問題が焦点となった」と、さまざまな角度から報道している。

中央テレビ局CCTVが特集番組

 中国共産党がコントロールする中央テレビ局CCTVは1月12日から盛んにトランプ次期大統領の記者会見に関して報道し続けていたが、中でも1月14日のお昼のニュースで特集した特別番組は「習近平の心」をのぞかせているという意味で興味深かった。

 中国ではロシアのサイバー攻撃問題とトランプ次期大統領の関係に関するニュースを、「美俄"黒客門"」と名付けている。「美」は「美国(アメリカ)」、「俄」は「俄国(ロシア)」、「黒客」は「ハッカー」を意味する。「門」は「ウォーターゲート事件」以来、「ゲート」を「門」に置き換えて、「大きなスキャンダル」であるような事件を指す。

ニュース速報

ワールド

中国、新型コロナ検査強化へ 再発リスクに警戒

ワールド

カナダ、新型コロナ死者最大2.2万人も 3月は10

ワールド

英中銀、市場機能不全時に政府に融資へ 新型コロナで

ビジネス

米FRB、地方政府と中小企業支援に2.3兆ドル 新

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月