最新記事

2016米大統領選

トランプTV討論会の「悪いやつら」「嫌な女」発言、ネットで怒り招く

2016年10月21日(金)10時51分

10月20日、米ネバダ州ラスベガスで19日に行われた米大統領選の候補者による第3回テレビ討論会で、共和党のドナルド・トランプ候補(写真)が語った「ここには悪いやつらが何人かいる」という発言と、ライバルの民主党クリントン候補に向けた「なんて嫌な女だ」いう発言が物議を醸し、ソーシャルメディアには怒りのコメントがあふれた。ラスベガスで19日撮影(2016年 ロイター/Carlos Barria)

 米ネバダ州ラスベガスで19日に行われた米大統領選の候補者による第3回テレビ討論会で、共和党のドナルド・トランプ候補が語った「ここには悪いやつらが何人かいる」という発言と、ライバルの民主党クリントン候補に向けた「なんて嫌な女だ」いう発言が物議を醸し、ソーシャルメディアには怒りのコメントがあふれた。

 こうした発言は、11月8日の投票を前に、トランプ氏がラテン系や女性からの支持拡大を狙う最中になされた。

 討論会でトランプ氏は、メキシコ国境の警備強化を繰り返し主張。麻薬を米国に入れてはならないとした上で、「米国に何人かの悪いやつら(bad hombres)がいるが、そいつらを追い出す」と、スペイン語を用いて述べた。

 「Bad Hombres」は討論会の夜、ソーシャルメディアで最も多く議論されたトピックスとなり、ブランド・インテリジェンス会社のアモビーによると、討論会の開催中や直後に約13万4000回ツイートされた。

 トランプ氏はまた、公的年金基金への資金のために富裕層に対する税金を上げると語るクリントン氏を遮り、「なんて嫌な女だ」と述べた。

 このコメントはオンライン上で性的差別発言と非難され、「嫌な女(nasty woman)」という語句は20日の朝までに30万以上ツイートされた。

[ニューヨーク 20日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午前のドルは一時1カ月半ぶり安値、155円台を上下

ワールド

韓国大統領府近くに北朝鮮のごみ風船、危険性なし=警

ワールド

ハンガリー、EU基金の払い戻し阻止へ ロシア産原油

ワールド

トランプ氏、ネタニヤフ氏と会談へ 26日にフロリダ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中