最新記事

朝鮮半島

核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

2016年9月12日(月)15時35分
ビシャカ・ソナワネ

Kim Hong-Ji-REUTERS

<北朝鮮の5回目の核実験で、核弾頭がほぼ実践レベルに達したとみられることから、韓国は「韓国型大量反撃報復作戦」という焦土化作戦を真剣に用意し始めた>(写真は、8月24日に北朝鮮が発射した潜水艦発射弾道ミサイルを映すソウルのテレビ)

 北朝鮮の5回目の核実験に国際社会の非難が高まるなか、韓国の聯合ニュースは11日、韓国政府が北朝鮮による核兵器の使用兆候をとらえれば、直ちに首都・平壌を壊滅させる作戦があると報じた。

 9日の核実験を受けて、韓国国防省は国会で「韓国型大量反撃報復作戦(KMPR)」を明らかにした。作戦の「目的は平壌の一定区域を地図から完全に消し去ること」だと、軍の消息筋が聯合ニュースの取材に語った。
【参考記事】金正恩の「粛清の嵐」はガセネタか?

「北朝鮮が核兵器を使用する兆候を察知すれば、直ちに弾道ミサイルや榴弾砲を発射させ、北朝鮮指導部が潜んでいそうな区域を集中攻撃して平壌を壊滅させる。北朝鮮の首都は焦土と化し、地図から抹消されるだろう」

 一連の報道が事実なら、作戦の概念は、韓国軍が北朝鮮の最高指導者・金正恩や軍の指導部を標的に、先制攻撃を仕掛けるということだ。使用が想定されるのは、韓国軍が開発した地対地弾道ミサイル「玄武2A」と「玄武2B」、巡航ミサイル「玄武3」など、射程300~1000キロのミサイルだという。
【参考記事】北朝鮮の実験のたびに無力化する米ミサイル防衛

 韓国軍は今後、他の弾道ミサイルの発射実験も実施し、玄武系の弾道ミサイルを大幅に増やす計画があると報じられている。

「韓国軍が核兵器を保持しない状況下で、KMPRは最善の作戦だ」と軍筋は語ったという。

米韓日で独自の制裁

 北朝鮮は9日に声明を発表し、今年1月と2月に実施した核実験と人工衛星の打ち上げ(と称した事実上の長距離弾道ミサイル発射)を受けて国際社会が強化した制裁に対する対応措置として、新たな核実験を実施したと明らかにした。北朝鮮の後ろ盾である中国を含め、韓国、アメリカ、オーストラリア、フランス、日本、ロシアは、北朝鮮の核実験を強く非難した。

 国連安全保障理事会は、今回の核実験が北朝鮮の核実験や弾道ミサイルの開発を禁じた安保理決議を「甚だしく無視した」もので「明確な違反」だと厳しく非難する声明を発表した。

【参考記事】金正恩氏の「ぶち切れ核実験」が止まらない理由

 米国務省で北朝鮮問題を担当するソン・キム北朝鮮政策特別代表は11日、アメリカは北朝鮮に対して独自の追加制裁を科す可能性があると言及した。

 「国連安保理による制裁強化に加え、アメリカと日本と韓国は、北朝鮮に対する独自の制裁を含め、二国間、三国間で協力して対応するため連携を強化していく」

 キムは日米政府が「独自の追加制裁の実施を含め、あらゆる可能性を視野に入れている」としたうえで、制裁の詳細な内容について本格的な調整に入ったと語った

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=下落、FOMC議事要旨受け不安定な動

ワールド

ウクライナ東部ハリコフ住居地区にロ軍の砲撃、6人死

ビジネス

6月の米自動車走行距離、前年比1.7%減 高ガソリ

ビジネス

今後も利上げ継続、ペースが落ちる可能性=FOMC議

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 9

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月