最新記事

米民主党

好調ヒラリーを襲う財団疑惑

2016年9月1日(木)15時10分
ジョシュ・ブアヒーズ

Aaron Bernstein-REUTERS

<クリントン一家で運営する慈善団体との「利益相反」が問題となっている。このスキャンダルはヒラリーが大統領になってもくすぶり続ける>(最近のヒラリーの支持率は揺るぎないが)

 AP通信は8月、米民主党の大統領候補ヒラリー・クリントンが国務長官在任中に、クリントン財団の大口寄付者と面会を繰り返していたと報じた。

 共和党はこの疑惑を、クリントンにホワイトハウスを任せられない証拠として取り上げ、一方の民主党は些細な問題としてやり過ごそうとしている。今も進行中の入り組んだスキャンダルを読み解いてみると――。

なぜ疑惑は起きたのか。

 ヒラリーは支持率で大幅にリードしているが、まだ当選したわけではない。共和党はクリントン財団疑惑のようなスキャンダルがヒラリーへの信頼をゆっくりと損なわせ、支持率低下につながることを願っている。

 最近公表されたヒラリーの国務長官在任中の文書は、クリントン財団と世界中にいるその大口寄付者について、そして両者の関係がヒラリーの国務長官としての仕事に影響を与えた可能性について、大きな懸念を引き起こし続ける。

 この疑惑はヒラリーがホワイトハウスを目指す上で大きな問題であり、彼女が当選した場合には政権にとって無視できない問題になるだろう。

【参考記事】アメリカの「ネトウヨ」と「新反動主義」

クリントン財団の疑惑は前にも聞いた。済んだ話では?

 ある意味ではそうだ。かなり前からクリントン財団は、ヒラリーの政敵やメディア、国民にとって関心の的だった。

 09年、上院議員だったヒラリーの国務長官指名が濃厚になると、反対陣営はクリントン財団の存在が国務長官の仕事を全うする上で「利益相反」を生むと指摘。クリントン財団はそれまで内密にしていた寄付者のリストを公表することに合意したが、そこには新興実業家や外国の王族・政府が含まれていた。

 こうした懸念が昨年、ヒラリーの大統領選出馬が確定した際に再び浮上した。ヒラリーと元大統領の夫ビルが、財団に大口寄付をした多くの団体で講演を行い、高額の報酬を受け取っていたという新たな問題も持ち上がった。

 クリントン夫妻と後援者の緊密な関係は、保守系ジャーナリストのピーター・シュワイツァーが昨年出版した『クリントン・キャッシュ』(邦訳・LUFTメディアコミュニケーション)でも大きなテーマになっていた。この本はヒラリーの疑惑について決定的な証拠を提示しているわけではない。だが彼の著書がきっかけとなって、メディアがクリントン財団に関心を向けたことは確かだ。

ニュース速報

ワールド

「信頼できない」中国アプリ、アプリストアから削除を

ワールド

ブラジル中銀、政策金利を2.25%から2.00%に

ワールド

コロナワクチン、来年初めまでに数千万回分用意も=フ

ビジネス

米株上昇続く、ダウ373ドル高 ディズニー決算が支

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 6

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 7

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 10

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月