最新記事

貿易

TPP推進派はもうオバマだけ

2016年8月25日(木)15時30分
デービッド・フランシス

 また「TPPには労働者の虐待や児童労働、野生生物の密輸、乱獲、森林破壊などの対策も盛り込まれている。TPP以上に労働者や環境に優しい通商協定はない」と論じ、批准に向けた「努力を続ける、支持は増えている」と強調した。

 これに対し、リーは(外国の首脳としては珍しく)オバマを諭すような口調で語り掛け、12カ国で5年間、内々で交渉を重ねてきたTPPをここで捨てたら、アメリカの信用はひどく傷つくだろうと忠告した。

「交渉の席に着いた貴国の同盟国や友好国は、それぞれに国内の政治的かつ微妙な反対論を押し切り、しかるべき政治的な犠牲を払い、ようやく協定をまとめ上げた。なのに土壇場で、もう結婚式場で待っているのに花嫁が来ないという事態になれば、たいそう失望する人がいるだろう」。リーはそう述べている。

【参考記事】TPPは上位1%のためにある

 かねてからオバマは、TPPのような広域的貿易協定を先に作らないと、中国にアジア域内のルール作りを許してしまうと主張してきた。それはピーターソン国際経済研究所のゲーリー・ハフバウアーがTPP破棄に伴う最大の危険と指摘する問題点と一致する。

「大きな穴が開いたのを見て、中国は大胆に主導権を握るべく、自国の市場を開放するような提案を持ち出してくるだろう」とハフバウアーは言う。現に中国は、TPPに対抗する東アジア地域包括的経済連携協定(RCEP)を提案している。

 大統領選後の短期間で風向きが変わり、年内にTPPが議会で承認される可能性はまだある。世論の動向はどうか。今年3月段階のピュー・リサーチセンターによる調査で、これまでの貿易協定がアメリカにとって良かったと思う人は51%、悪かったと思う人は39%だった。

 議会はどうか。大統領に優先交渉権を与える法案を採決した昨年6月段階で、下院は賛成218、反対208。上院は賛成60、反対38だった。

 この票差は維持できているだろうか。上院の雲行きは怪しいが、下院のライアン議長は今もTPPに前向きだ。共和党は自由市場の原則を守るという「党の魂のために闘う」と述べ、TPPのような貿易協定の重要性を強調した。「わが党が守るのは市場であって、産業界ではない。そういう党の魂のために、私は闘っている」とライアンは力説した。

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国アント、馬氏の保有株売却を

ワールド

菅首相、新型コロナワクチン追加供給巡り米ファイザー

ワールド

英フィリップ殿下葬儀、女王ら別れ惜しむ 王子兄弟は

ワールド

マスク氏のスペースX、NASAの有人月着陸機受注 

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 4

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 9

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月