最新記事

プロダクツ

カヌーやディンギーが、簡単にジェットエンジンで動かせる

2016年8月23日(火)16時50分
ギアード

<簡単にカヌーやディンギーに取り付け可能な携帯ジェット推進機が、クラウドファンディングサイトに登場している。>

 SCUBAJET は、ほとんどすべてのスタンドアップパドルボード(SUP) はもちろん、ディンギー、カヌーなどにも取り付けが可能なジェットエンジン。手持ちの SUP がたちまち最高時速11キロで動くようになります。

Scubajet2.jpg


 SUP への取り付けはとても簡単。ボード裏側のフィンを装着するボックスに10秒もかからず取り付け可能。20メーカー以上の標準的なフィンプラグに対応しています。

【参考記事】水中ドローン、ダイバーを自動追随して撮影
【参考記事】日本の折り紙をヒントにした組み立て式カヤックに入門モデル誕生

 電動モーターでジェット水流を噴き出すことで最大で時速11キロほどの速力が出せるので、SUP フィッシングで遠くに魚の反応を見つけていち早く移動したい時、向かい風や潮流に流されて思うように進めないとき、2人乗りなどを楽しんでいるときには心強い存在となりそうです。モードによって差はあるものの内蔵のバッテリーは90分ほどもちます。

Scubajet3.jpg


 ディンギーの場合は、専用のアダプタを使って船外機のように取り付けます。SCUBAJET の向きを変えることで操舵も可能です。

giphy1.gif


 大きさは約80cm、重さは2.4kg、専用のリモコンでオンオフ、スピード調節を行います。スクリューが露出しないデザインなので、落水した場合なども安全。自動停止機能を備えているので、操縦者が水に落ちたり、距離が離れてしまった場合には、自動的に停止します。

 さらにSCUBAJETの名前の通り、ダイビングでも使えるようにダイビング・アダプターを開発中とのこと。

 SCUBAJET は現在 Kickstarter にて出資を募っており、日本からでも本体価格990ユーロ+送料50ユーロでプレッジ可能です(2016年8月22日現在)。出荷は2016年12月以降に予定されています。2016年8月22日現在でまだ目標額には届いていない模様ですが、目標額達成が期待されます。




執筆:Geared(Facebookページ)

○関連記事(ギアード)
パドルボードなのに漕がずに楽しめる Sipaboard

関連ワード

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに240人以上の感染確認

ワールド

コロナワクチン開発の5社、21日に米下院委の公聴会

ビジネス

中国航空業界、第2四半期は49億ドルの損失 新型コ

ワールド

トランプ米大統領、軍の病院訪問時にはマスク着用する

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月