最新記事

プロダクツ

カヌーやディンギーが、簡単にジェットエンジンで動かせる

2016年8月23日(火)16時50分
ギアード

<簡単にカヌーやディンギーに取り付け可能な携帯ジェット推進機が、クラウドファンディングサイトに登場している。>

 SCUBAJET は、ほとんどすべてのスタンドアップパドルボード(SUP) はもちろん、ディンギー、カヌーなどにも取り付けが可能なジェットエンジン。手持ちの SUP がたちまち最高時速11キロで動くようになります。

Scubajet2.jpg


 SUP への取り付けはとても簡単。ボード裏側のフィンを装着するボックスに10秒もかからず取り付け可能。20メーカー以上の標準的なフィンプラグに対応しています。

【参考記事】水中ドローン、ダイバーを自動追随して撮影
【参考記事】日本の折り紙をヒントにした組み立て式カヤックに入門モデル誕生

 電動モーターでジェット水流を噴き出すことで最大で時速11キロほどの速力が出せるので、SUP フィッシングで遠くに魚の反応を見つけていち早く移動したい時、向かい風や潮流に流されて思うように進めないとき、2人乗りなどを楽しんでいるときには心強い存在となりそうです。モードによって差はあるものの内蔵のバッテリーは90分ほどもちます。

Scubajet3.jpg


 ディンギーの場合は、専用のアダプタを使って船外機のように取り付けます。SCUBAJET の向きを変えることで操舵も可能です。

giphy1.gif


 大きさは約80cm、重さは2.4kg、専用のリモコンでオンオフ、スピード調節を行います。スクリューが露出しないデザインなので、落水した場合なども安全。自動停止機能を備えているので、操縦者が水に落ちたり、距離が離れてしまった場合には、自動的に停止します。

 さらにSCUBAJETの名前の通り、ダイビングでも使えるようにダイビング・アダプターを開発中とのこと。

 SCUBAJET は現在 Kickstarter にて出資を募っており、日本からでも本体価格990ユーロ+送料50ユーロでプレッジ可能です(2016年8月22日現在)。出荷は2016年12月以降に予定されています。2016年8月22日現在でまだ目標額には届いていない模様ですが、目標額達成が期待されます。




執筆:Geared(Facebookページ)

○関連記事(ギアード)
パドルボードなのに漕がずに楽しめる Sipaboard

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月