最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ナイスガイだがスター性なし、副大統領候補ケーンのプラスマイナス

2016年7月23日(土)11時20分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Carlos Barria-REUTERS

<民主党大会開催を前に、ヒラリー・クリントンは副大統領候補として元バージニア州知事で民主党上院議員のティム・ケーンを選出した。政治家としての実務経験は豊富で人柄にも問題はないナイスガイだが、無党派層を取り込めるようなスター性は持っていない>

 週明け25日からの民主党大会を目前にして、ヒラリー・クリントンが副大統領候補を発表した。

 今週開催された共和党大会によるトランプのPR効果の鎮静化を狙うタイミングだ。

 副大統領候補の最終選択肢として数カ月前から数人の名前が上がっていたが、バーニー・サンダースやエリザベス・ウォーレンなどの名前は途中で消えていった。新しい名前が浮上するなかで、最後まで有力視されていたのがこのティム・ケーンだった。

【参考記事】異例尽くしの共和党大会で見えた、「トランプ現象」の終焉

 民主党をよく知る人には馴染みがある人物だが、一般的な知名度はそれ程高くない。

 ハーバードロースクールを修了後、バージニア州リッチモンド市の市議会から政治家としてのキャリアをスタートし、2006年からの4年間はバージニア州知事を務め、2008年の大統領選ではオバマの副大統領候補として最後まで残った。選挙後にハワード・ディーンの後を継いで民主党全国委員長を2年務め、2012年からはバージニア州選出の上院議員を務めている。

 政治家のキャリアが長いにもかかわらず、同僚から好かれ、敵が少ない「ナイスガイ」としても知られている。だが、カリスマ性とも言える強い癖もなく、自ら「私は退屈な人間です」と冗談を言うほど印象は強くない。

 ヒラリーがケーンを副大統領候補に選ぶ利点は次のようなものだ。

1)州知事の経験がある
2)現実主義者で対人関係能力が高い
3)上院外交委員会の委員として外交面での深い知識と経験を持つ
4)民主党と共和党の力が拮抗する「紫の州」が地元
5)カトリック信者で、若いときにホンジュラスで奉仕活動をしたことがある
6)スペイン語が流暢

 1)、2)、3)は、肩書きだけでなく実際に役立つ副大統領の条件を満たしている。外交面では穏健派で、タカ派のイメージが強いヒラリーの中和剤の役割も果たせる。万が一、大統領になった場合にも、無事に責務を果たすことができるだろう。

 4)については、アメリカの大統領選挙のルールでは、最初から結果がわかっている州よりも民主党(青)か共和党(赤)のどちらになるかわからない紫の州(あるいはどちらに揺れるか不明な「スイング・ステート」)という意味で重要だ。バージニアは勝敗を決めるほどの規模ではないが、そこをおさえることに意義がある。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、気候変動対策で新たな大統領令を用意 来

ワールド

バイデン米大統領、新STARTの5年延長を模索=関

ワールド

ファイザー、一部EU諸国へのコロナワクチン供給を半

ワールド

OPECプラス、12月の減産順守率は99%=関係筋

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 5

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 8

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 9

    韓国・株投資熱狂 投資を目的とする借入金も増え、…

  • 10

    バイデン、大統領就任直後に出す大統領令や政策まとめ

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 7

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 8

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月