最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ナイスガイだがスター性なし、副大統領候補ケーンのプラスマイナス

2016年7月23日(土)11時20分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Carlos Barria-REUTERS

<民主党大会開催を前に、ヒラリー・クリントンは副大統領候補として元バージニア州知事で民主党上院議員のティム・ケーンを選出した。政治家としての実務経験は豊富で人柄にも問題はないナイスガイだが、無党派層を取り込めるようなスター性は持っていない>

 週明け25日からの民主党大会を目前にして、ヒラリー・クリントンが副大統領候補を発表した。

 今週開催された共和党大会によるトランプのPR効果の鎮静化を狙うタイミングだ。

 副大統領候補の最終選択肢として数カ月前から数人の名前が上がっていたが、バーニー・サンダースやエリザベス・ウォーレンなどの名前は途中で消えていった。新しい名前が浮上するなかで、最後まで有力視されていたのがこのティム・ケーンだった。

【参考記事】異例尽くしの共和党大会で見えた、「トランプ現象」の終焉

 民主党をよく知る人には馴染みがある人物だが、一般的な知名度はそれ程高くない。

 ハーバードロースクールを修了後、バージニア州リッチモンド市の市議会から政治家としてのキャリアをスタートし、2006年からの4年間はバージニア州知事を務め、2008年の大統領選ではオバマの副大統領候補として最後まで残った。選挙後にハワード・ディーンの後を継いで民主党全国委員長を2年務め、2012年からはバージニア州選出の上院議員を務めている。

 政治家のキャリアが長いにもかかわらず、同僚から好かれ、敵が少ない「ナイスガイ」としても知られている。だが、カリスマ性とも言える強い癖もなく、自ら「私は退屈な人間です」と冗談を言うほど印象は強くない。

 ヒラリーがケーンを副大統領候補に選ぶ利点は次のようなものだ。

1)州知事の経験がある
2)現実主義者で対人関係能力が高い
3)上院外交委員会の委員として外交面での深い知識と経験を持つ
4)民主党と共和党の力が拮抗する「紫の州」が地元
5)カトリック信者で、若いときにホンジュラスで奉仕活動をしたことがある
6)スペイン語が流暢

 1)、2)、3)は、肩書きだけでなく実際に役立つ副大統領の条件を満たしている。外交面では穏健派で、タカ派のイメージが強いヒラリーの中和剤の役割も果たせる。万が一、大統領になった場合にも、無事に責務を果たすことができるだろう。

 4)については、アメリカの大統領選挙のルールでは、最初から結果がわかっている州よりも民主党(青)か共和党(赤)のどちらになるかわからない紫の州(あるいはどちらに揺れるか不明な「スイング・ステート」)という意味で重要だ。バージニアは勝敗を決めるほどの規模ではないが、そこをおさえることに意義がある。

ニュース速報

ワールド

中ロが昨年末の欧州医薬品庁へのサイバー攻撃に関与=

ビジネス

寄り付きの日経平均は反発、米株高と円安を好感 ファ

ワールド

中国、ミャンマー情勢安定化に向け全当事者と対話の用

ワールド

週末もミャンマーで大規模デモ、労組は経済閉鎖呼び掛

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月