最新記事

2016米大統領選

ヒラリー×ウォーレンの女性コンビ初登場、大統領選を左右するオハイオ州の集会で

2016年6月28日(火)18時46分

6月27日、米大統領選の民主党候補指名を確実にしたヒラリー・クリントン前国務長官(写真左)の集会に、副大統領候補の1人であるエリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)が初参加した。オハイオ州で撮影(2016年 ロイター/Aaron Josefczyk)

 米大統領選の民主党候補指名を確実にしたヒラリー・クリントン前国務長官の集会に27日、副大統領候補の1人であるエリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)が初参加した。共和党候補指名が確定したドナルド・トランプ氏について、強欲さと憎悪に突き動かされた「自信のない守銭奴」などと鋭い批判を展開した。

 ウォーレン議員は、本選で激戦が予想されるオハイオ州のシンシナティで、クリントン氏と並んで熱狂的な聴衆の前に姿を現した。演説の中で、クリントン氏が進歩的な価値観を掲げる戦いにキャリアを費やしてきたのに対し、不動産王のトランプ氏は自らの金儲けに専念してきたと主張。トランプ氏は平均的米国人の味方ではなく、自分のことしか関心がないと繰り返し非難した。

「ドナルド・トランプ氏が米国を偉大にすると言うとき、それは彼のような金持ちにとってもっと偉大な国にするという意味だ」と同議員は語り、「自分の欲しいものをすべて手に入れるため、国民を粉々になるまで踏みつぶす。彼はそういう人間だ」と警告した。

 さらに演説の途中でクリントン氏を振り返り、「彼女は怒りっぽいガキ大将をいかに打ち負かすかを知っている」と述べた。

 クリントン氏は党候補指名獲得を確実にした後も、指名争いを続けるバーニー・サンダース上院議員の熱心な支持者の取り込みに苦慮している。党内進歩派の重鎮で、ウォール街への規制や所得格差の解消を訴えるウォーレン議員が応援することで、少しでも支持を広げたいと期待する。

 一方のトランプ氏は声明で、ウォーレン議員を「裏切り者」呼ばわりした。クリントン氏がウォール街から献金を受け取っていることが背景にある。またNBCとのインタビューでは、ウォーレン議員が先住民出身だと経歴をでっち上げて出世したと主張した。

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月