最新記事

韓国

韓国総選挙の惨敗と朴槿恵外交の行方

2016年4月27日(水)17時00分
ロバート・E・ケリー(本誌コラムニスト、釜山大学准教授)

 一方、朴は国会を通過した左派の法案に拒否権を行使できる。野党が大統領拒否権を覆すには議員の3分の2の賛成が必要だが、セヌリ党はこれを阻止できるだけの議席を維持している。

 つまり、韓国は立法府と行政府を異なる政党が支配する「ねじれ」の時代に突入した。この政治的均衡状態の下では、新法の成立はほぼ不可能になる。朴のレームダック化はますます加速することになりそうだ。

 次期大統領選は来年12月。通常、大統領の求心力はその数カ月前から低下するが、朴は任期切れまでの1年10カ月間、何もできなくなる可能性がある。

 対外関係では、韓国の左派は伝統的に北朝鮮に甘く、日本とアメリカに厳しい傾向がある。それでも、(アジアの民主主義国の多くはそうだが)韓国の議会は外交にあまり口出ししないので、外交路線が劇的に変わることはないだろう。

 ただし、内政と外交が交錯する2つの問題では、左派勢力の今後の動向が大きな影響を持つ可能性がある。

国民的合意への好機か

 1つは、慰安婦問題だ。久々に政治的な力を手にした左派は、
右派の朴政権により水面下で交渉された日韓合意を覆そうと動くのか。合意内容の変更を求めたり、国際的な場でこの問題に関して対日批判を行わないとの約束を拒絶したりする可能性もある。その場合、日韓関係は激しい対立に逆戻りするだろう。

 とはいえ、これは民主的な選挙で選ばれた大統領が結んだ合意だ。その点で、軍事独裁者だった朴正煕(パク・チョンヒ)(現大統領の父)が65年に締結した日韓基本条約以上の正統性がある。

 もし合意をほごにすれば、国際的な合意を守れない国という不信感を持たれることは避け難い。これは、韓国メディアでもしばしば指摘されている点だ。大半の識者は、慰安婦合意は日本に譲歩し過ぎだが、合意は守るべきだと主張している。

【参考記事】韓国総選挙、与党惨敗で慰安婦合意はどうなるか

 左派が合意の見直しを求めなければ、暗黙に合意への超党派の承認が得られたことになる。そうなれば、慰安婦合意は1つの政党や1人の大統領の合意ではなく、主要な政治勢力がほぼ異を唱えない国民的な合意に昇格する。それは、日韓関係にとって大きな前進になるだろう。

 これと似た構図なのがミサイル防衛の問題だ。北東アジアの地政学的状況は、「ミサイル化」してきている。北朝鮮が核・ミサイル開発を進めているように、ドローンやロケット、その他の無人の空軍力の重要性が急速に増しており、空母や駆逐艦による抑止力だけでは不十分になり始めているのだ。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 3

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル大学の研究

  • 4

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 9

    トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

  • 10

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月