最新記事

イギリス

エリザベス英女王が90歳に、祝賀行事開催される

即位から64年の今日も数多くの公務をこなす女王に圧倒的な支持の声

2016年4月21日(木)19時08分

4月21日、英国のエリザベス女王が90歳の誕生日を迎えた。写真は孫やひ孫に囲まれる女王。提供写真(2016年 ロイター/c2016 Annie Leibovitz)

 英国のエリザベス女王が21日、90歳の誕生日を迎えた。即位から64年が経過した現在でも数多くの公務をこなし、関心が衰えることはない。

 エリザベス女王は1926年4月21日、ロンドン中心部のブルートン・ストリートで生まれた。通常は誕生日を祝う大きなイベントは行われないが、90歳となる今年は多くの祝賀行事が予定されている。21日にはハイド・パークやロンドン塔で祝砲が鳴らされ、議会の建物は国旗の色である赤、白、青にライトアップされる。また5月と6月にも大規模な行事が計画されている。

【関連記事】[写真特集]エリザベス女王63年間いろいろありました

 誕生日に合わせて、孫やひ孫と一緒にウィンザー城で撮影された写真も公開された。ウィリアム王子とキャサリン妃の子どもであるジョージ王子とシャーロット王女も映っている。

 イプソスモリの世論調査によると、エリザベス女王に引き続き在位してほしいとの回答は70%で、退任すべきとの回答の21%を大幅に上回った。またロンドン・イブニング・スタンダード紙向けのBMGによる調査では、女王に好意的な英国民は66%に上り、否定的な意見を持つ国民は10%にとどまった。

 女王の在位期間は昨年、同国王室で最長記録を更新した。

  

[ロンドン 21日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は

ワールド

ナワリヌイ氏葬儀、支持者数千人集まる 厳戒態勢 全
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 2

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強くする

  • 3

    世界的人気のニセコ、TSMC進出の熊本...「ラーメン1杯3000円」でも、決して「バブル」ではないワケ

  • 4

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 5

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 6

    金正恩独裁体制の崩壊「5つのシナリオ」を検証する

  • 7

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 10

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 10

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中