最新記事

東欧

ウクライナ「チョコレート大統領」の評判

ウクライナの新大統領は腐敗した金満実業家かそれとも戦略と現実主義を兼ね備えた救世主か

2014年6月10日(火)16時21分
ダリア・ソロビエワ

改革への期待 分離独立派との対決姿勢を明らかにしたポロシェンコ新大統領 David Mdzinarishvili-Reuter

 先月末のウクライナ大統領選挙で勝利を収めたペトロ・ポロシェンコ(48)に、一部から早くも失望の声が上がっている。

 ウクライナからの分離を求める親ロシア派が集中する東部ドネツク州の州都ドネツクでは、実業家のポロシェンコは大富豪というだけで非難の的だ。

「彼は腐敗したオリガルヒ(新興財閥)だ。私は信用しない」と、ある市民は言う。東部の多くの住民にとって、ポロシェンコの当選は、親ロシア派を抑圧しようとする裕福な少数派の勝利を意味する。

 開票結果が発表された選挙翌日、ポロシェンコはドネツクなど東部の都市で親ロシア派武装勢力の掃討作戦を強化すると宣言した。「投票前は平和的に交渉すると言っていたのに、今は空爆だ」と、ドネツクの分離独立を支持するダニイルは言う。「私の家は(親ロシア派が立て籠もる)空港のそばだ。窓を開けるのが怖い」

 だが、菓子メーカー「ロシェン」の創業者で「チョコレート王」の異名を持つポロシェンコは、ウクライナ西部で厚い支持を集める。政治の行き詰まりを打開し、経済を救う方法を見いだせる、経験豊かな現実主義者とみられているからだ。
「人々は彼がいい指導者になり、なんらかの改革が起きると思っている」と、政府の腐敗を調査するウェブサイトの編集長アレクセイ・シャライスキーは言う。

 一方で、ポロシェンコは腐敗そのものではないかと疑う人もいる。多くの投機的事業を手掛けており、2月のヤヌコビッチ前政権崩壊までウクライナを支配していた親ロシア政党「地域党」とも関係しているからだ。

 ポロシェンコのチョコレート帝国はロシア、ハンガリー、カザフスタン、中国に及び、傘下には運送、不動産、メディア企業もある。政治家として前大統領を含め何代もの政権で働いたことがあり、国内のオリガルヒにも顔が利く。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺さぶ

ビジネス

米家計資産、第3四半期は3四半期連続で減少 株安響

ワールド

原油先物が下落、週間の下げ幅は数カ月ぶりの大きさ

ビジネス

NY外為市場=ドル/ユーロ上昇、米PPI受け利上げ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月