最新記事

コロンビア

道路のための「セックス・ストライキ」

道路整備という要求を自治体にのませたセックス・ストライキは、古代からある政治手法

2011年10月14日(金)15時37分
ステファニー・ガーロー

女の底力 街頭に繰り出すだけがストじゃない(写真は大学改革に抗議するコロンビアの学生デモ) John Vizcaino-Reuters

 南米コロンビアのバルバコアスで、女性たちがセックス拒否のストライキに突入したのは6月のこと。彼女たちの要求は「町に通じる道路を整備してほしい」というものだった。8月には地元当局が願いを受け入れたが、女性側は実際に工事が始まるまでストを続けると主張していた。

 その女性たちがやっと寝室に帰って来る。10月11日に軍の技師が工事を開始し、スト終結が宣言されたのだ。

 バルバコアス市長のホセ・アーヌルフォ・プレシアドは、ストがきちんと履行されたことを証明するため嘘発見器にかかってもいい、とAP通信に語った。彼と妻はストライキの間、寝室を別にしていたという。

 バルバコアスと周辺の村には、併せて4万人が暮らす。この地域からはいちばん近い町まで約55キロもあり、しかも危険な山道を行かなければならない。舗装道路が整備されれば、移動時間が少なくとも6時間は短縮されるだろう。

ギャングの抗争を止めるのにも有効?

 セックス・ストライキは何も珍しいものではない。古くはペロポネソス戦争の終結を求める女性たちが夫とのセックスを拒否するという、古代ギリシャの喜劇『女の平和』が有名だ。

 最近では政権不在が長く続いたベルギーの女性国会議員が、連立合意に達するまでセックスを控えるよう議員の配偶者に提案した。09年にはケニアの女性団体が、政治的対立を止めるために7日間のセックス・ストを呼び掛けた。

 コロンビア国内にも先例はある。97年には軍参謀総長が、右派民兵や左翼ゲリラ、麻薬密売組織のボスが和平を結ぶように、その妻たちにセックス・ストを要請。06年にはコーヒー産地としても有名なペレイラで、ギャングの妻や恋人たちが武器を手放さない男たちとのセックスを拒否したことが話題になった。

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

ファイザー、一部EU諸国へのコロナワクチン供給を半

ワールド

OPECプラス、12月の減産順守率は99%=関係筋

ビジネス

米新規失業保険申請90万件に小幅改善、雇用2カ月連

ワールド

ペロシ氏、トランプ氏弾劾裁判開始巡り協議 22日に

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 5

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 8

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 9

    韓国・株投資熱狂 投資を目的とする借入金も増え、…

  • 10

    バイデン、大統領就任直後に出す大統領令や政策まとめ

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 7

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 8

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月