最新記事

英王室

アイルランド積年の相克を鎮めた英女王

2011年5月19日(木)16時39分
コナー・オクレリー

 18日午後には、アイルランドとイングランドの関係を揺さぶりかねない出来事が待ち受けていた。エリザベス女王の90歳になる夫、エジンバラ公フィリップ殿下がクローク・パークを訪れたのだ。

 8万2000席を擁するこの広大な競技場は、アイルランドのスポーツを推進する同国最大の団体「ゲーリック体育協会(GAA)」の本拠地。アイルランド人にとって忘れることのできない1920年の悲劇の舞台で、GAAのクリスティ・クーニー会長はじめアイルランド全土から集まったスポーツ界の名士たちは、英女王夫妻を暖かく歓迎した。クーニーは女王にGAAの歴史を説明し、フィリップ殿下にはアイルランドの国技、ハーリングで使うスティック状の用具を贈った。

 歓迎の挨拶の中で、クーニーは「我々すべてを傷つけた多くの悲劇的な出来事」に触れ、「手を携えて暴力と憎悪に立ち向かう」アイルランド国民と政治家の決意を表明。「今回のご訪問はGAAにとって大変な名誉です」と述べて、和平プロセスのさらなる進展につながるとの期待をにじませた。

 カトリック系組織のGAAが、北アイルランド在住のイギリス軍兵士と警察官に対するGAA主催のスポーツ大会への参加禁止を解除したのは、わずか10年前。今回も、GAA所属の有名選手の多くがスタジアムでの女王との謁見の招待を辞退し、英領北アイルランドの6郡を含むアルスター地方の9郡のうち、招待を受けて代表団を派遣したのは英領のダウン郡だけだった。

アイルランド名物のギネスビールには口を付けず

 女王の来訪に備えて、スタジアム周辺の道路は何時間も前から封鎖されたが、大きなトラブルは起きなかった。英タイムズ紙は、この訪問を「エリザベス女王の長い統治の中で最も重要な外国訪問の1つ」と表現。週刊誌のスペクテーターも、女王が「ある種の歴史をつくった」と記した。

 17日には女王の訪問に反対する数百人のデモ隊と警察がダブリンでもみ合う事件があったが、逮捕されたのは小規模な武装勢力の20人ほど。アイルランド史上最大規模の警備体制の一環で、ダブリン中心部に位置するトリニティ・カレッジなど女王が訪れる場所の周辺では、一般市民の立ち入りが禁止された。

 エリザベス女王とアイルランドのケニー首相が政府のビル内で会談した際には、20世紀初頭の独立戦争の指導者マイケル・コリンズの肖像画が2人の頭上に飾られていた。
 
 訪問のクライマックスは、18日夜に行われたマカリース大統領主催の晩餐会。デービッド・キャメロン英首相も出席した晩餐会の舞台となったのは、かつてイギリスのアイルランド統治を象徴する存在だったダブリン城だった。
 
 もっとも、18日に立ち寄ったダブリンの観光名所、聖ジェームズ・ゲート醸造所で、エリザベス女王はアイルランドのすべてを受け入れる覚悟があるわけではないことを露呈してしまった。ギネスビール製造工場の見学ツアーに参加した女王は、グラスに並々と注がれたギネスビールを、丁重に辞退したのだ。

GlobalPost.com特約

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 2

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 3

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 8

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 9

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月