最新記事

テロ

アルカイダ情報「宝の山」を発見?

パキスタンからイエメンに向かったアルカイダ工作員がオマーンで拘束された。彼は「300件の重要な電話番号」を持っていたという

2010年2月15日(月)16時47分
マイケル・イジコフ、マーク・ホーゼンボール(ワシントン支局)

親玉 航空機爆破未遂事件にビンラディンが関与か(写真はFBIがスペインの政治家の顔写真を無断で使って合成したもの) U.S. State Department-Reuters

 パキスタン北西部に潜伏する国際テロ組織アルカイダの指導部と、活動を活発化させているイエメンのアルカイダ組織。両者の関係を示す電話番号や写真、文書など「宝の山」と思われるものを米政府の情報当局が探し当てたようだ。

 1月後半、パキスタンからイエメンに向かうアルカイダ工作員がペルシャ湾岸国オマーンで身柄を拘束されたと、米テロ対策当局者が本誌に明かした。

 この件は公式発表されていない。しかし拘束された工作員が重要人物であることを示すかのように、その数日後、「ファルージャ・イスラムフォーラム」というジハード(聖戦)関連ウェブサイトに、アルカイダの指導者が不安を感じて「指揮官たち」に警戒を強めるよう指示した、と示唆する書き込みがあった(発信者はアルカイダの「兄弟」)。

 書き込みによれば「捕まった兄弟」----アブドゥラ・サレー・アル・エイダン(通称バルード)という「前線指揮官」とされる----は、「アフガニスタンからの帰還途中」でサウジアラビア当局に引き渡された。

 注目すべきなのは、エイダンはアフガニスタンから持ち帰った写真や名前、文書などに加えて300件に上る「重要な電話番号」を持っていたと、この書き込みが伝えていること。「兄弟は、資料が押収されたことをイエメンとアフガニスタンの指揮官に直ちに連絡するよう求めた」という。「彼は指揮官に対し、住居と携帯電話番号をすぐに変えることも求めている」

 エイダンが持っていた電話番号が「300件」といった数字が正しいかどうかは確認できない。しかしエイダンはイエメンに向かったアルカイダの密使であり、今回の拘束でアルカイダの作戦に関する「有益な」情報が得られると、前述のテロ対策当局者は話す。この当局者は、エイダンがどのようにしてオマーンで拘束されたかについての詳細は明かさなかった。

ビンラディンとイエメンを結ぶ証拠か

 現時点で、エイダンの拘束にどれだけの意味があるのか評価することは困難だ。米政府機関に分析を提供し、今回の書き込みを最初に見つけたテロ対策専門家のエバン・コールマンは「こうした取り押さえはそうあるものではない」と本誌に語る。「アルカイダの戦闘員に関するそれだけ広範囲の個人情報を持っていたとしたら、相当な収穫だ」

 さらにエイダンの拘束は、アルカイダの中央指導部と「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」と呼ばれるイエメンの下部組織の結びつきが、米当局者が考えるよりもはるかに強い可能性を示している。

 今年1月、バラク・オバマ米大統領のテロ対策顧問ジョン・ブレナンは、昨年12月25日のノースウエスト航空機爆破未遂事件で最も「衝撃的で驚いたこと」は何かと記者会見で問われ、こう答えた。「(犯行声明を出した)『アラビア半島のアルカイダ』がだいたいどこに向かうか戦略的な実感はあった。しかし、実際にアメリカ本土に人員を送りこむところまで行っているとは思わなかった」

 その数週間後、ウサマ・ビンラディンは「ウサマからオバマへ」という音声メッセージを出して爆破未遂事件を賞賛し、容疑者ウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブを「英雄」と称えた。米政府の安全保障関係者らはそのとき、ビンラディンが爆破未遂の指令に自分が関わったと述べていないことに注目した。

 しかしエイダンの拘束と彼が所持していた文書は、アフガニスタンとイエメンのアルカイダ指揮官の間に明らかに情報のやり取りがあったことを示している。とするとビンラディンやアルカイダ幹部は爆破未遂事件に関して、これまで考えられている以上に多くの情報を事前に把握していたのではないか。少なくともそうした疑いは出てくるだろう。

ニュース速報

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

ワールド

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月