最新記事

テロ

アルカイダ情報「宝の山」を発見?

パキスタンからイエメンに向かったアルカイダ工作員がオマーンで拘束された。彼は「300件の重要な電話番号」を持っていたという

2010年2月15日(月)16時47分
マイケル・イジコフ、マーク・ホーゼンボール(ワシントン支局)

親玉 航空機爆破未遂事件にビンラディンが関与か(写真はFBIがスペインの政治家の顔写真を無断で使って合成したもの) U.S. State Department-Reuters

 パキスタン北西部に潜伏する国際テロ組織アルカイダの指導部と、活動を活発化させているイエメンのアルカイダ組織。両者の関係を示す電話番号や写真、文書など「宝の山」と思われるものを米政府の情報当局が探し当てたようだ。

 1月後半、パキスタンからイエメンに向かうアルカイダ工作員がペルシャ湾岸国オマーンで身柄を拘束されたと、米テロ対策当局者が本誌に明かした。

 この件は公式発表されていない。しかし拘束された工作員が重要人物であることを示すかのように、その数日後、「ファルージャ・イスラムフォーラム」というジハード(聖戦)関連ウェブサイトに、アルカイダの指導者が不安を感じて「指揮官たち」に警戒を強めるよう指示した、と示唆する書き込みがあった(発信者はアルカイダの「兄弟」)。

 書き込みによれば「捕まった兄弟」----アブドゥラ・サレー・アル・エイダン(通称バルード)という「前線指揮官」とされる----は、「アフガニスタンからの帰還途中」でサウジアラビア当局に引き渡された。

 注目すべきなのは、エイダンはアフガニスタンから持ち帰った写真や名前、文書などに加えて300件に上る「重要な電話番号」を持っていたと、この書き込みが伝えていること。「兄弟は、資料が押収されたことをイエメンとアフガニスタンの指揮官に直ちに連絡するよう求めた」という。「彼は指揮官に対し、住居と携帯電話番号をすぐに変えることも求めている」

 エイダンが持っていた電話番号が「300件」といった数字が正しいかどうかは確認できない。しかしエイダンはイエメンに向かったアルカイダの密使であり、今回の拘束でアルカイダの作戦に関する「有益な」情報が得られると、前述のテロ対策当局者は話す。この当局者は、エイダンがどのようにしてオマーンで拘束されたかについての詳細は明かさなかった。

ビンラディンとイエメンを結ぶ証拠か

 現時点で、エイダンの拘束にどれだけの意味があるのか評価することは困難だ。米政府機関に分析を提供し、今回の書き込みを最初に見つけたテロ対策専門家のエバン・コールマンは「こうした取り押さえはそうあるものではない」と本誌に語る。「アルカイダの戦闘員に関するそれだけ広範囲の個人情報を持っていたとしたら、相当な収穫だ」

 さらにエイダンの拘束は、アルカイダの中央指導部と「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」と呼ばれるイエメンの下部組織の結びつきが、米当局者が考えるよりもはるかに強い可能性を示している。

 今年1月、バラク・オバマ米大統領のテロ対策顧問ジョン・ブレナンは、昨年12月25日のノースウエスト航空機爆破未遂事件で最も「衝撃的で驚いたこと」は何かと記者会見で問われ、こう答えた。「(犯行声明を出した)『アラビア半島のアルカイダ』がだいたいどこに向かうか戦略的な実感はあった。しかし、実際にアメリカ本土に人員を送りこむところまで行っているとは思わなかった」

 その数週間後、ウサマ・ビンラディンは「ウサマからオバマへ」という音声メッセージを出して爆破未遂事件を賞賛し、容疑者ウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブを「英雄」と称えた。米政府の安全保障関係者らはそのとき、ビンラディンが爆破未遂の指令に自分が関わったと述べていないことに注目した。

 しかしエイダンの拘束と彼が所持していた文書は、アフガニスタンとイエメンのアルカイダ指揮官の間に明らかに情報のやり取りがあったことを示している。とするとビンラディンやアルカイダ幹部は爆破未遂事件に関して、これまで考えられている以上に多くの情報を事前に把握していたのではないか。少なくともそうした疑いは出てくるだろう。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月