最新記事

英王室

エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン妃のウェディングドレスの「欠陥」とは?

Queen Elizabeth Thought Meghan Markle's Wedding Dress Had a Flaw

2024年02月10日(土)08時55分
ジェームズ・クロフォード=スミス
メーガン妃

POOL New-REUTERS

<14分にも及ぶ長い説教に女王とフィリップ殿下も唖然。何よりもドレスが...。女王が親しい従妹だけに話したことについて>

今月刊行されるイングリッド・スワードの新刊『My Mother and I(母と私)』では、エリザベス女王とチャールズ国王だけでなく、メーガン妃とヘンリー王子の結婚にも触れられているという。

その中でエリザベス女王は、メーガン妃のウェディングドレスが離婚歴のある女性にしては「あまりにも白すぎる」と考えていたことが、新刊の中で綴られている。

【写真】あまりにも「純白すぎる」メーガン妃のウェディングドレス姿 を見る

 

2018年5月19日、ウィンザー城のセントジョージ礼拝堂でメーガン妃は義理の父であるチャールズ皇太子(当時)とバージンロードを歩いた。

【動画】バージンロードを一緒に歩くメーガン妃とチャールズ皇太子(当時) を見る

しかし、エリザベス女王の従妹であり、信頼できる相談相手でもあったレディ・エリザベス・アンソンは、花嫁のドレスを完璧とは女王が感じていなかったことを著者であるスワードに述べている。

「エリザベス女王は、ヘンリー王子の妻について真意を口にすることはなかったが、レディ・エリザベス・アンソンなど非常に親しく信頼できる相談相手のみに語っていた」

そして次のようにも語っている。

「女王のメーガン妃とヘンリー王子の結婚式に関する唯一のコメントは「ジバンシィ」のウェディングドレスが『あまりにも白すぎる』ということだった」

「離婚歴のある女性が再婚するにあたり、教会であたかも貞淑に見えるのは適切ではないと感じていたようだ」

「また、メーガン妃の父であるトーマス・マークルの代わりにチャールズ皇太子(当時)がバージンロードをともに歩くことについても快く思っていなかった」

挙式当日、「純潔な白色」のウェディングドレスはメーガン妃と「ジバンシィ」のデザイナーをつとめたクレア・ワイト・ケラーが選んだもので、「ドレスに新鮮なモダンさをもたらす」ためだとケンジントン宮殿は声明を出している。

メーガン妃はかつて映画プロデューサーのトレバー・エンゲルソンと結婚していたが、2013年8月に離婚している。

また、ニューヨークを拠点とする米国聖公会のマイケル・カリー主教による14分にもわたる「情熱的な説教」について女王が唖然としたことに関しても著者のスワードは言及。女王とエディンバラ公フィリップ殿下は、その長い説教が早く終わることを望んでいたという。

その説教について当のマイケル・カリー主教は生まれ故郷における奴隷の存在をセントジョージ礼拝堂で感じたとし、それは「希望のしるしである」と感じたと後に述べている。

メーガン妃自身が伝統を超えた結婚式になることが自身の歩みになると信じていたこともスワードは述べている。

ティファニー Tスマイル ペンダント 並行輸入品【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正ビットコイン、5日続伸で6万ドル台視野 ETF

ワールド

バイデン政権、中ロへの個人データ移転制限へ 大統領

ワールド

ロシア軍、アブデーフカ近郊のステポベ制圧 ウクライ

ビジネス

トヨタ、第2回労使協議で賃上げ要求に回答せず 次回
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 2

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 3

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

  • 5

    なぜ女性の「ボディヘア」はいまだタブーなのか?...…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した小澤征爾

特集:世界が愛した小澤征爾

2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの