最新記事

英王室

メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

Meghan Markle Hoped To Reconcile With Kate Middleton During Platinum Jubilee

2022年06月21日(火)19時12分
キャサリン・アルメシン

キャサリン妃とメーガン妃(2018年) Pool via Reuters

<娘リリベットの誕生日パーティーをきっかけに、ウィリアム王子一家と「再び家族の絆をつなぎたい」と望んでいたというが>

夫のヘンリー王子とともに英王室を離脱し、現在はイギリスを離れて米カリフォルニア州に暮らすメーガン妃。6月に行われたプラチナ・ジュビリーに合わせて離脱以来で初めて家族そろって渡英し、王室メンバーたちと再会を果たした。そんな彼女だが、実は今回の渡英でキャサリン妃との関係を修復したいと望んでいたという。

NBCニュースなどで英王室とエンターテインメント担当のレポーターを務めるニール・ショーンは、自身のYouTubeチャンネルに新たに投稿した動画の中で、「ヘンリー王子夫妻とウィリアム王子夫妻は和解し、この数カ月は(アップルの通話ソフトである)フェイスタイムで話したり、贈り物をし合ったりしている」という一部王室ウォッチャーの報告について、「真実ではない」と否定した。

ショーンは匿名の「確かな情報源」から得たという情報を紹介。メーガン妃は、エリザベス女王の即位70年を祝うプラチナ・ジュビリーのイベントに出席するために帰国した際に、「子どもを使ってキャサリン妃と和解を果たし」「再び家族全体の絆をつなぎたいと強く望んで」いたようだと語り、さらにこうつけ加えた。「そうなることはあり得なかったのだが」

プラチナ・ジュビリーの各種イベントに出席した際に、両夫妻が公の場で言葉を交わすことはなかった。だがヘンリー王子夫妻は6月4日に(イギリスの自宅である)ウィンザーのフロッグモア・コテージで開いた、娘のリリベットの1歳の誕生日パーティーにウィリアム王子夫妻を招待し、歩み寄りの姿勢を見せたと報じられている。

「リリベットの誕生日パーティーで和解」はならず

しかしウィリアム王子夫妻は、この招待を断ったとされている。というのも夫妻は4日、プラチナ・ジュビリーのイベントの一つとしてウェールズのカーディフ城で開催されたコンサートに、長男のジョージ王子と長女のシャーロット王女を連れて出席したからだ。その後、夜にはバッキンガム宮殿で開かれたコンサートにも出席した。

イギリス在住のある匿名の関係者はゴシップサイトの「Page Six」に対して、「緊張関係は続いている。ウィリアムは依然、ヘンリーと2人きりで過ごすことには慎重だ。それが後でどんな報道につながるか分からないからだ」と語った。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&P続落、アップルが安い FRB議

ワールド

中国、35年までに核弾頭1500発備蓄の可能性=米

ワールド

米共和党下院トップ、トランプ氏の白人至上主義者との

ワールド

EU、ロシア産原油価格上限巡り週内合意に向け前進=

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    英語習得のコツは実はシンプル! 「簡単な本の音読」…

  • 2

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 2

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも…

  • 3

    英語習得のコツは実はシンプル! 「簡単な本の音読」…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が…

  • 2

    豊胸で理想の体形になったセレブ、激しく後悔する結…

  • 3

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも…

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売