最新記事

英王室

メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

Meghan Markle Hoped To Reconcile With Kate Middleton During Platinum Jubilee

2022年06月21日(火)19時12分
キャサリン・アルメシン

キャサリン妃とメーガン妃(2018年) Pool via Reuters

<娘リリベットの誕生日パーティーをきっかけに、ウィリアム王子一家と「再び家族の絆をつなぎたい」と望んでいたというが>

夫のヘンリー王子とともに英王室を離脱し、現在はイギリスを離れて米カリフォルニア州に暮らすメーガン妃。6月に行われたプラチナ・ジュビリーに合わせて離脱以来で初めて家族そろって渡英し、王室メンバーたちと再会を果たした。そんな彼女だが、実は今回の渡英でキャサリン妃との関係を修復したいと望んでいたという。

NBCニュースなどで英王室とエンターテインメント担当のレポーターを務めるニール・ショーンは、自身のYouTubeチャンネルに新たに投稿した動画の中で、「ヘンリー王子夫妻とウィリアム王子夫妻は和解し、この数カ月は(アップルの通話ソフトである)フェイスタイムで話したり、贈り物をし合ったりしている」という一部王室ウォッチャーの報告について、「真実ではない」と否定した。

ショーンは匿名の「確かな情報源」から得たという情報を紹介。メーガン妃は、エリザベス女王の即位70年を祝うプラチナ・ジュビリーのイベントに出席するために帰国した際に、「子どもを使ってキャサリン妃と和解を果たし」「再び家族全体の絆をつなぎたいと強く望んで」いたようだと語り、さらにこうつけ加えた。「そうなることはあり得なかったのだが」

プラチナ・ジュビリーの各種イベントに出席した際に、両夫妻が公の場で言葉を交わすことはなかった。だがヘンリー王子夫妻は6月4日に(イギリスの自宅である)ウィンザーのフロッグモア・コテージで開いた、娘のリリベットの1歳の誕生日パーティーにウィリアム王子夫妻を招待し、歩み寄りの姿勢を見せたと報じられている。

「リリベットの誕生日パーティーで和解」はならず

しかしウィリアム王子夫妻は、この招待を断ったとされている。というのも夫妻は4日、プラチナ・ジュビリーのイベントの一つとしてウェールズのカーディフ城で開催されたコンサートに、長男のジョージ王子と長女のシャーロット王女を連れて出席したからだ。その後、夜にはバッキンガム宮殿で開かれたコンサートにも出席した。

イギリス在住のある匿名の関係者はゴシップサイトの「Page Six」に対して、「緊張関係は続いている。ウィリアムは依然、ヘンリーと2人きりで過ごすことには慎重だ。それが後でどんな報道につながるか分からないからだ」と語った。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

H&M、第2四半期は33%増益 予想上回る

ワールド

中国主席、コロナ戦略の堅持表明 「適切かつ効果的」

ビジネス

独製造業、23年にかけて資材不足続くと予想=IFO

ビジネス

日経平均は大引け=反落、値がさ株が軟調 一時300

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 4

    地球上で最も裕福な王室の謎に包まれたプリンセスの1…

  • 5

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 4

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売