最新記事

資産形成

27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

I Have the Money to Retire at 27

2021年09月16日(木)06時57分
トーリ・ダンラップ(「彼女の最初の10万ドル」創業者)

女性の経済的自立を支援するサービスを立ち上げたダンラップ COURTESY TORI DUNLAP

<理論的には経済的自立・早期リタイアの「FIRE」もできるようになったが、今はまだ現役でビジネスを頑張りたい>

私は両親とお金の話をしながら育った。クレジットカードを使い過ぎないことや貯蓄や予算の立て方は、私たちの日常会話。両親とも富裕層の出身ではなかったので、賢い経済的選択をして、自分たちが子供の頃にできなかったことを娘に経験させようとした。

子供の頃は年に1度は家族で長い休暇を取り、アメリカ中を旅行した。13歳のときにはヨーロッパにも行った。私の家族は自分たちがしたいことにお金を使えるように、普段は倹約に努めていた。

大学に入ると、1年生のときに1つ、2年生のときには3つのアルバイトをこなした。奨学金をもらい、夏季休暇には毎年実家に帰って働いた。2016年5月に21歳で卒業すると、7月に最初の仕事に就いた。9~5時勤務の会社員だったが、副業としてフリーランスの仕事もした。

最初の目標は純資産10万ドル

その頃、25歳までに純資産10万ドルを達成した女性のブログ記事を読んで、自分が25歳で10万ドルをためるために必要な収入、貯蓄、投資の計画を考えてみた。

最初に就職した会社の給与は年5万5000ドル。年俸で8万ドルの仕事を3カ月間したこともあったが、ひどい仕事だったので辞めた。次の仕事は年俸7万ドルで、1年後に7万7000ドルに昇給した。

最初は給与の10%を貯蓄に回していたが、少しずつ増やして27%にした。住居費は当初、月750ドルの部屋を借りていたが、4年前の夏に今のアパートに引っ越した。当時の家賃は1400ドルだった。

預金、家賃、生活費、食費などを差し引いて残ったお金は、好きなことに使えた。私は日々の生活を楽しんでいたが、自分は何にお金を使いたいのかを慎重に決めていた。

純資産10万ドルを達成したのは19年9月半ばのある日。25 歳と3カ月のときだった。その後すぐ親友と南イタリアへ休暇に出掛け、戻ってきて3週間で退職。副業として始めた女性向けのオンライン資産形成支援サービス「彼女の最初の10万ドル(Her First $100k)」に注力することにした。

手持ちの10万ドルを使うつもりはなかったが、10万ドルあるという安心感があったので、仕事を辞める決断ができた。

その後の大きな変化は、このビジネスが大成功したこと。20年も良い年だったが、21年も絶好調だ。20年3月のフォロワー数は3万人だったが、今は200万人。ポッドキャストも2カ月間で100万ダウンロードを達成した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:自国に失望した中国の超富裕層、目指すはシ

ワールド

米韓、北朝鮮巡る「拡大抑止」強化でコミット=韓国外

ビジネス

米金利先物、金利5%超え予想 雇用統計後 利下げ予

ビジネス

G7と豪、ロシア産石油製品で価格上限 ディーゼルに

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    子どもの「自信」を育てられる親がすること、しない…

  • 4

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    「同じ色の服は着てはいけない」メーガン妃の訴えと…

  • 3

    【英王室】ファッションに見る「現代のプリンセス」…

  • 4

    【英王室】2人のプリンセスに愛されるデザイナー、ア…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売