最新記事

事件

「私たちのストリートを返して」、殺人事件受けイギリス女性たちが安全を求め訴え

2021年03月19日(金)11時00分
松丸さとみ

サラ・エドバードさんを追悼するため多くの花が献花された......  REUTERS/Dylan Martinez

<ロンドンで女性が殺害され、現職の警察官が殺人容疑で逮捕されたことで、女性への暴力撲滅や街の安全を求める動きが英国で広まっている......>

21時台に歩いていた女性が誘拐・殺人の犠牲に

3月上旬、英ロンドンで女性が行方不明になり、その後現職の警察官が殺人容疑で逮捕されたことで、女性への暴力撲滅や街の安全を求める動きが女性を中心に英国で広まっている。

きっかけは、サラ・エバラードさん(33)が3日、南ロンドンの友人宅からブリクストンの自宅まで歩いて帰宅しようとした後、行方不明になったことだった。通常であれば50分で到着する道のりだったが、21時半にクラパムで監視カメラに映ったのを最後に、足取りが分からなくなっていた。

現職の警察官が9日、エバラードさん誘拐および殺害の容疑で逮捕された。10日に遺体の一部が発見され、12日にエバラードさんであることが確認された。

恐怖と隣り合わせの女性たち

この事件を受け、ツイッターでは女性が夜間外出時にいかに危険を感じるかを訴える声や、一人歩きをしている際に後をつけられたり嫌がらせをされたりしたといった経験談が多く共有され、エバラードさんの名前が英国でトレンド入りした。

また、身を守るために講じる手段についても、多くの女性がツイートした。「遠回りになっても明るい道を選ぶ」「鍵を握りしめて、指の間から鍵の尖った部分を出す(武器として使えるように)」「逃げ込めるお店を見つけておく」「(イヤフォンの)音楽をとめるか音量を下げる」「髪を隠す」「ポニーテールはつかまれるから髪を下ろす」「電話で誰かと話しているふりをする」「何かあったときに走れるようスニーカーを履く」などがあった。

しかしエバラードさんは消息を断つ前、歩いている間に彼氏と電話で15分ほど話していたとされている。また、監視カメラに映った姿は、帽子を深く被って目立つ色の服を着ており、足元はスニーカーだった。つまりエバラードさんも、一般的に身を守る手段とされる手立てを講じていたようだった。

こうしたことから、「明日は我が身」と不安に感じた女性が多かったようだ。スカイニュースのケイト・マッキャン記者は、「サラ・エバラードさんの身に起きたことが多くの女性の胸に突き刺さった理由は、彼女と同じ計算を私たちも毎日しているからだ」とツイート。10万9000件のいいねを集めた。

ちょうど同じ時期、英国での性的嫌がらせに関する国連の報告書が発表された。国連ウィメンUKが今年1月に1000人以上の女性を対象に行った調査で、公共の場で性的嫌がらせを受けた経験がある人は71%に達することが分かった。18〜24歳の場合、この数字は86%に跳ね上がる。報告書によると、この違いは世代によって何が性的嫌がらせになるかの認識が異なることだとしている。

ニュース速報

ビジネス

バイデン氏、インフラ投資計画で合意 超党派議員らと

ビジネス

米物価、予想超えて上昇も 「新たなリスク」に直面=

ビジネス

インフレ率予想に「上振れリスク」あり=ダラス連銀総

ワールド

ロシア、英駆逐艦クリミア沖航行に抗議 「次回は爆撃

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    家族と会えずに死にゆくコロナ患者たちの「最後の別…

  • 5

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売