最新記事

観光

「ゴリラに別れを惜しむ言葉を掛けましょう」 コロナが脅かすゴリラ観光

Gorilla Tourism at Risk

2020年06月23日(火)16時30分
レーン・ニーセット

ゴリラ観光に支えられた村の経済はコロナ禍によって揺らいでいる COURTESY OF VOLCANOES SAFARIS

<ウガンダやルワンダではゴリラの保護活動費と地元住民の貴重な収入源がパンデミックで失われている>

ブホマのメインストリートは、撮影に使われなくなったまま放置された西部劇のセットを思わせる。未舗装の道沿いに、コンクリートとレンガと金属をかき集めて造られた大道具さながらの粗末な建物が並ぶ。

このウガンダの村の通りを抜けると、世界のマウンテンゴリラの約半数がすむブウィンディ原生国立公園に至る。

私は通り沿いのカフェ「ブウィンディ・バー」のポーチでプラスチックの椅子に腰掛け、よく冷えたナイルビールを飲んでいた。20世紀アメリカの小説家アーネスト・ヘミングウェイが東アフリカ紀行でブホマを訪れていたら、この店の常連になっていたに違いない。料理はこの辺りで一番おいしいし、マンゴーダイキリも絶品だ。

ブウィンディ・バーは、非営利団体「ボルケーノズ・サファリズ・パートナーシップ・トラスト(VSPT)」がこの地域で行っているコミュニティー支援事業の1つ。地元の子供たちが接客業の経験を積む機会を提供している。

NW_GRI_01B.jpg

ウガンダの村にあるカフェ「ブウィンディ・バー」 COURTESY OF VOLCANOES SAFARIS

VSPTの設立母体であるボルケーノズ・サファリズ社は、ウガンダと隣国のルワンダでゴリラ・ツーリズムを行うために1997年に設立された。現在では事業を拡大し、4つの高級宿泊施設を展開している。同社は予約1件ごとに100ドルを、ブウィンディ・バーのようなコミュニティー支援事業に提供している。

感染症がゴリラを脅かす

しかし3月に新型コロナウイルスの感染が広がり始めると、ウガンダとルワンダの政府は観光客の受け入れを停止した。国立公園や宿泊施設は閉鎖された。

「ゴリラやチンパンジーの見学を中心とする観光業は、国立公園や野生生物保護団体、地元の人々の収入源になっている。観光が止まれば、こうした全てが危うくなる」と、ボルケーノズ・サファリズの創業者であるブラビーン・モマンは言う。

アフリカにとって観光は極めて重要な産業だが、観光を止めることは感染症対策の柱でもある。アフリカではこれまでも、ほかのコロナウイルスの感染が広がったり、エボラ出血熱や疥癬によりゴリラの命が失われたりしてきた。

いま地球上に存在するゴリラの数は、およそ人間900万人に対して1頭の割合にすぎない。ゴリラを保護する上で大きな課題は病気を防ぐことだ。ゴリラはとりわけ結核などの呼吸器疾患に弱い。

「人間とマウンテンゴリラやチンパンジーは、遺伝子の98%以上が共通している。そのため、互いに病気を感染させやすい」と、獣医師のグラディス・カレマジクソカは言う。90年代後半に、ウガンダ野生動物局(UWA)でインフルエンザがゴリラに及ぼす脅威に対処した人物だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 2

    キャサリン妃が珍しく、ファッションで「失敗」...ダ…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    突風でキャサリン妃のスカートが...あわや大惨事を防…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 3

    キャサリン妃が珍しく、ファッションで「失敗」...ダ…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

  • 5

    なぜ女性の「ボディヘア」はいまだタブーなのか?...…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した小澤征爾

特集:世界が愛した小澤征爾

2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの