最新記事

健康

スポーツクラブ再開待ち望む「筋肉女子」 クロスフィットで鍛えビジネスにもメリット

2020年05月29日(金)12時10分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

JGalione - iStockphoto

<外出自粛による運動不足解消ができる日はもうすぐ>

ヨーロッパでは、新型コロナウイルスへの対策のため多くのフィットネススタジオ(ジム・クラブ)が閉鎖しているが、営業再開を待っている人たちは確実にいるようだ。

ドイツの女性向け雑誌ウーマンズ・ヘルスは、「ジムが再開されたら行きますか?」というオンラインアンケートを行った。1500人回答の時点の結果は「すぐ行く/近いうちに行く」が45%、「衛生管理次第で行く」は14%、「しばらく待つ」が26%、「もう行かない」はわずか15%だった。

コロナ禍前、ヨーロッパではスタジオの利用者が増えていた。上のアンケート回答者は主に女性だろうが、実際に女性の利用者は多かった。ピラティスやヨガ人気は定着しているし、数年前から、鍛え上げた筋肉質の体をもつ女性たちへの人気が高まっている。

鍛えた体でインフルエンサーになった女性たち

筆者が暮らすスイスでも、国民の10人に1人がスタジオの会員になっていて、ここ数年来、フィットネスブームといわれている。これを受けて、少しずつ営業を再開するスタジオも現れた。もちろん機器の間隔を離し、グループレッスンは参加者4人までに人数制限し、消毒も徹底するなど万全を期している。

トレーニングに励む女性のなかには趣味が高じて教える側になり、ここ数年メディアに注目されるようになったり、インスタグラムのフォロワーが多いインフルエンサーと呼ばれるようになった人もいる。

たとえば30代のシンディ・ランドルトさん(フォロワー66万9千人)や、20代のビエリ姉妹(フォロワーは姉のミシェルさんは17万5千人、妹のカルメンさんは21万4千人)などだ。3人とも、職業はパーソナルトレーナーだ。ランドルトさんは国内外の俳優や歌手など著名人も顧客にもち、フィットネス業界では有名だ。ビエリ姉妹は最近起業したため、これからが期待される。

ニュース速報

ワールド

米海軍、南シナ海で軍事演習 中国への「対抗」は否定

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

RANKING

  • 1

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!