最新記事

フード

まずは食べること! 各国シェフの日々を彩るヘルシーな家庭料理

Cooking During the Pandemic

2020年05月27日(水)17時10分
ニューズウィーク日本版編集部

NW_SGR_07.jpg

HOANG TUNG

6.ホアン・トゥン(べトナムの首都ハノイのトゥングダイニングのオーナーシェフ)

旬の野菜やハーブをたくさん使う。抗酸化物質を多く含んでいて、免疫力を高めるからだ。ブロッコリーやチンゲンサイ、ショウガ、キノコもたっぷり。べトナム人はキノコをスープや麺類に入れるが、おすすめは炒めるか焼くこと。香りが引き立つし、ビタミンも壊れない。

今、輸出できなくなったロブスターを買って地元の業者を支援する運動が広がっている。べトナム産ロブスターは絶品。ゆでるか蒸してパスタとあえるといい。


NW_SGR_06.jpg

COURTESY OF JUAN CARLOS FERRANDO

7.フアン・カルロス・フェランド(スぺイン北部ログローニョで自分の名を冠したレストランを経営)

ヘルシーな食生活を心掛けている。朝食はコーヒーとオリーブオイルを塗ったトースト。ランチはもっと手を掛ける。温野菜は毎日食べる。活動量が減っているから、摂取カロリーも抑えないと。

肉などは前日にマリネにしておくといい。例えば明日ローストチキンとトマトサラダを食べるなら、チキンをタッパーに入れ、ひたひたに水を入れて、お気に入りのスパイスとレモンやオレンジのスライス、ニンニク、塩を加えておく。翌日チキンの水を切り、マリネ液のレモン、オレンジ、ニンニクを詰めて、普段どおりにオーブンで焼く。


NW_SGR_08.jpg

ALIA AKKAM

8.アリア・アッカム(ハンガリーの首都ブダぺストに拠点を置くライター)

正直なところ料理はあまり得意じゃない。いつもはレストラン頼み。家で料理することになったので簡単で失敗しないレシピを選んでいる。最近はアジアの食材を売る店にはまっていて、缶詰の空豆、クスクス、豆とバターのカレーなどを買っている。

普段は家では飲まないが、ハンガリー特産の果実を漬け込んだ芳醇な蒸留酒パーリンカは今の時期にぴったり。焼け付くような強烈な一杯でスーッと気持ちが楽になる。

20200602issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月2日号(5月25日発売)は「コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学」特集。行動経済学、オークション、ゲーム理論、ダイナミック・プライシング......生活と資産を守る経済学。不況、品不足、雇用不安はこう乗り切れ。

[2020年5月19日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米政権、コロナ追加対策法案の週内合意目指す 「昼夜

ビジネス

豪航空ヴァージン、従業員の3分の1削減へ 短距離便

ビジネス

日産、バルセロナ工場の労組が閉鎖延期案を拒否

ワールド

ポーランド、新規コロナ感染者が最多に 鉱山で流行再

RANKING

  • 1

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 5

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 1

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!