最新記事

フード

まずは食べること! 各国シェフの日々を彩るヘルシーな家庭料理

Cooking During the Pandemic

2020年05月27日(水)17時10分
ニューズウィーク日本版編集部

NW_SGR_03.jpg

MARIJA PAPAK

3.マリヤ・パパク(クロアチア最南端ドブロブニクでマリヤズ・ハウスを経営)

夫が北東部のスラボニア地方から豚を1頭丸ごと買ってきた。おかげでソーセージやラード、べーコン、おいしい豚肉は山ほどある。今日はテラスで直火焼きのステーキとカリフラワーを堪能した。プロシュット(生ハム)も日々の食事に欠かせない。

スイスチャード(フダンソウ)もよく食べている。ダルマチア地方南部の日常的な食材で、免疫力も高まるから。旬の野菜もよく利用する。今は野生のアスパラガスの季節で、郊外によく採りに行く。


NW_SGR_04.jpg

GABRIELLA GERSHENSON

4.ガブリエラ・ガーシェンソン(ニューヨーク市に拠点を置くフードライター)

ニューヨーク州北部の自宅に夫と籠もっている。食料品は1カ月かそれ以上持つくらいある。王侯貴族のような食事をすれば
備蓄はすぐ底を突くが、とりあえず腐りやすいものから食べている。

最初の晩、夫は肉汁が染み込むようジャガイモの上に1羽丸ごとのチキンをのせてオーブンで焼いた。残った鶏がらはおいしいスープになるから、冷凍庫に入れてある。


NW_SGR_05.jpg

MERI GUBELADZE

5.メリ・グべラゼ(ジョージアの首都トビリシにあるシャビ・ロミのオーナーシェフ)

簡単で心安らぐ家庭料理がおすすめ。朝食は卵にスルグニ(塩漬けチーズ)か野菜を添えたり、ロシア風のパンケーキを焼いたり。昼食はオオムギとコリアンダー、ミントを入れたホットヨーグルトスープなど。昨夜のディナーはアーティチョークとキノコとホウレンソウのパスタだった。

この生活でのいいことは、息子がいつでもジャンクフードを持ち帰れないこと。

ニュース速報

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

ワールド

アングル:女性の経済政策リーダー続々、コロナ禍克服

ビジネス

アングル:メキシコ対ブラジル、投資家振り回した大統

RANKING

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 3

    外食が減った今こそ読みたい「家庭料理人」の料理本…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 1

    アメリカの大学生が選ぶ、年収に直結する学部とは?

  • 2

    警官として助けた女の子を家族として愛するまで

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    日本は最低レベル──世界で進む「STEM教育」の重要性

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    誰が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    アメリカの大学生が選ぶ、年収に直結する学部とは?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売