最新記事

フード

まずは食べること! 各国シェフの日々を彩るヘルシーな家庭料理

Cooking During the Pandemic

2020年05月27日(水)17時10分
ニューズウィーク日本版編集部

NW_SGR_03.jpg

MARIJA PAPAK

3.マリヤ・パパク(クロアチア最南端ドブロブニクでマリヤズ・ハウスを経営)

夫が北東部のスラボニア地方から豚を1頭丸ごと買ってきた。おかげでソーセージやラード、べーコン、おいしい豚肉は山ほどある。今日はテラスで直火焼きのステーキとカリフラワーを堪能した。プロシュット(生ハム)も日々の食事に欠かせない。

スイスチャード(フダンソウ)もよく食べている。ダルマチア地方南部の日常的な食材で、免疫力も高まるから。旬の野菜もよく利用する。今は野生のアスパラガスの季節で、郊外によく採りに行く。


NW_SGR_04.jpg

GABRIELLA GERSHENSON

4.ガブリエラ・ガーシェンソン(ニューヨーク市に拠点を置くフードライター)

ニューヨーク州北部の自宅に夫と籠もっている。食料品は1カ月かそれ以上持つくらいある。王侯貴族のような食事をすれば
備蓄はすぐ底を突くが、とりあえず腐りやすいものから食べている。

最初の晩、夫は肉汁が染み込むようジャガイモの上に1羽丸ごとのチキンをのせてオーブンで焼いた。残った鶏がらはおいしいスープになるから、冷凍庫に入れてある。


NW_SGR_05.jpg

MERI GUBELADZE

5.メリ・グべラゼ(ジョージアの首都トビリシにあるシャビ・ロミのオーナーシェフ)

簡単で心安らぐ家庭料理がおすすめ。朝食は卵にスルグニ(塩漬けチーズ)か野菜を添えたり、ロシア風のパンケーキを焼いたり。昼食はオオムギとコリアンダー、ミントを入れたホットヨーグルトスープなど。昨夜のディナーはアーティチョークとキノコとホウレンソウのパスタだった。

この生活でのいいことは、息子がいつでもジャンクフードを持ち帰れないこと。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国と対面協議の必要ない=朝鮮中央通信

ワールド

米海軍、南シナ海で軍事演習 中国への「対抗」は否定

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

RANKING

  • 1

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!