最新記事

フード

まずは食べること! 各国シェフの日々を彩るヘルシーな家庭料理

Cooking During the Pandemic

2020年05月27日(水)17時10分
ニューズウィーク日本版編集部

NW_SGR_03.jpg

MARIJA PAPAK

3.マリヤ・パパク(クロアチア最南端ドブロブニクでマリヤズ・ハウスを経営)

夫が北東部のスラボニア地方から豚を1頭丸ごと買ってきた。おかげでソーセージやラード、べーコン、おいしい豚肉は山ほどある。今日はテラスで直火焼きのステーキとカリフラワーを堪能した。プロシュット(生ハム)も日々の食事に欠かせない。

スイスチャード(フダンソウ)もよく食べている。ダルマチア地方南部の日常的な食材で、免疫力も高まるから。旬の野菜もよく利用する。今は野生のアスパラガスの季節で、郊外によく採りに行く。


NW_SGR_04.jpg

GABRIELLA GERSHENSON

4.ガブリエラ・ガーシェンソン(ニューヨーク市に拠点を置くフードライター)

ニューヨーク州北部の自宅に夫と籠もっている。食料品は1カ月かそれ以上持つくらいある。王侯貴族のような食事をすれば
備蓄はすぐ底を突くが、とりあえず腐りやすいものから食べている。

最初の晩、夫は肉汁が染み込むようジャガイモの上に1羽丸ごとのチキンをのせてオーブンで焼いた。残った鶏がらはおいしいスープになるから、冷凍庫に入れてある。


NW_SGR_05.jpg

MERI GUBELADZE

5.メリ・グべラゼ(ジョージアの首都トビリシにあるシャビ・ロミのオーナーシェフ)

簡単で心安らぐ家庭料理がおすすめ。朝食は卵にスルグニ(塩漬けチーズ)か野菜を添えたり、ロシア風のパンケーキを焼いたり。昼食はオオムギとコリアンダー、ミントを入れたホットヨーグルトスープなど。昨夜のディナーはアーティチョークとキノコとホウレンソウのパスタだった。

この生活でのいいことは、息子がいつでもジャンクフードを持ち帰れないこと。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

謎の小児急性肝炎、6月は疑い例920人に増加=WH

ビジネス

暗号資産取引所FTX、ブロックファイ株取得へ協議=

ビジネス

カナダ経済、依然として軟着陸への道に=財務相

ビジネス

ジュールの電子たばこ販売禁止、裁判所が執行一時停止

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売