最新記事

フード

まずは食べること! 各国シェフの日々を彩るヘルシーな家庭料理

Cooking During the Pandemic

2020年05月27日(水)17時10分
ニューズウィーク日本版編集部

M_a_y_a-iStock

<家で手軽においしい食事を楽しむため、ストックすべき食材とおすすめ料理をプロが伝授>

「まずは食べること。ほかの全てはその後でいい」。著名なフードライターの故M・F・K・フィッシャーはそう言った。もっとも今は食べる以外に大してすることがない。巣ごもりの今、ヘルシーな食生活を送るにはどうすればいいのか。世界各国のシェフやフードライターに、どんな食材をストックしてどんな料理を作っているか、本誌デービッド・ファーリーが聞いた。


NW_SGR_01.jpg

ANGELA BROWN

1.アンジェラ・ブラウン(カンボジアのラッフルズ・グランドホテル・ダンコールのエグゼクティブシェフ)

パスタは長期保存できるのでこんなときは重宝する。オイスターソースやチリを入れるなど、いろいろアレンジできる。加工肉とチーズ入りの冷製パスタサラダもおすすめ。

チョコレートは大量に備蓄している。溶かして地元産のバナナを漬けて食べるのが好き。生のバナナが手に入らないなら乾燥バナナでもいい。


NW_SGR_02.jpg

PANCHO GARRISON

2.パンチョ・ガリソン(イタリア中部カルカータのラ・グロッタ・デイ・ジェルモーリのオーナーシェフ)

パートナーのマリオがキッチンで腕を振るっている。幸いにも新鮮な有機栽培の野菜が手に入る。近くの町でセネガル移民のグループが育て、週に1度届けてくれるのだ。

この時期によく食べるのは、定番のポレンタ(イタリア風トウモロコシ粥)。トマトソースをかけたり、オーブンで焼き目を付けてリフライドビーンズ(煮た豆をつぶして炒めたもの)を添えたりする。

備蓄したいのは、手頃な価格の上質なワイン、コーヒー、オリーブオイル、揚げ油、米、パスタ、ナッツや種子、ドライフルーツ、それに大量のオレンジとレモン。これはフレッシュジュース用だ。「1日1個のりんごを食べれば医者いらず」ということわざを実行してみるのもいい。

幻覚キノコが手に入るなら少々隠し持っておくこと。感染した場合に備えて、死がそれほど怖くならないように。

ニュース速報

ワールド

スペイン前国王が出国、ドミニカに到着と報道 鉄道建

ビジネス

日本製鉄、今期事業損益は1200億円の赤字 需要改

ビジネス

英BP、2030年までに化石燃料生産40%削減 脱

ビジネス

三菱UFJ、4―6月期純利益は52.9%減 通期予

RANKING

  • 1

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 5

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 1

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!