最新記事

サイエンス

いつ閉経する? 血液検査でぴたりと当てることができるなら......

Predicting Menopause

2020年02月28日(金)11時45分
カシュミラ・ガンダー

血液検査による抗ミュラー管ホルモンの値に注目 ANDY/ISTOCKPHOTO

<予想のカギを握るのは卵子の「在庫数」を示す、あるホルモン>

血液検査で閉経時期が分かる日が来るかもしれない。

臨床内分泌代謝ジャーナルに掲載された論文によれば、カギを握るのは抗ミュラー管ホルモン(AMH)だ。

この値を調べることで、40代後半〜50代前半の女性がいつ最後の生理を迎えるかを12〜24カ月の範囲で予想できるようになるかもしれないという。AMHは卵巣に残っている卵子の数を反映すると考えられている。

研究チームは44〜51歳の女性1537人を調査した。月経に関する聞き取り調査と採血検査を毎年実施し、月経が12カ月間なければ閉経と見なした。血中のホルモン値の推移も調べた。

論文の共著者であるマサチューセッツ総合病院のジョエル・フィンケルスタイン医師によれば、現状では閉経時期は4〜6年後といった大ざっぱな予測しか立てられない。これでは女性が自分の健康に関わる決断を下したくても、参考にならない。

【参考記事】中年期の経済的失望に更年期...その先の女の人生って? 新著発表の『SATC』原作者インタビュー

「AMHは卵胞から分泌され、初潮から閉経に向けて着実に減っていく。AMH値は卵巣内にある卵子の数を正確に把握する指標であり、閉経時期の予測に活用できると考えた」と、彼は言う。

しばらく月経がないので閉経と診断されたが、再び出血が始まるようなケースにもAMH検査は役立つ。「AMHは1〜2年内に閉経を迎える女性よりも、閉経を迎えない女性を正確に言い当てることができるようだ」

現在、閉経は月経周期で判断される。40代で生理が1年間なければ閉経とされるが、これが正しいとは限らない。

「将来的にはAMHの値が判断基準になるだろう」と、フィンケルスタインは予想する。

閉経に関係する要素はほかにもあるという。1月に別の研究チームが英王立協会オープンサイエンス誌に発表した論文によれば、セックスは閉経を遅らせる可能性がある。

自慰を含む何らかの性行為を毎週行っていると答えた女性は、月に1度以下と答えた女性よりも調査期間内に閉経を迎えた割合が28%低かった。

【参考記事】女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニング


20200303issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月3日号(2月26日発売)は「AI時代の英語学習」特集。自動翻訳(機械翻訳)はどこまで使えるのか? AI翻訳・通訳を使いこなすのに必要な英語力とは? ロッシェル・カップによる、AIも間違える「交渉英語」文例集も収録。

[2020年2月18日号掲載]

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

伊藤忠がファミマにTOB、非公開後に一部を全農・農

ビジネス

アリババ傘下の金融アントが香港上場を計画、時価総額

ワールド

ロックダウン再実施なら対象地域を限定=フランス新首

ビジネス

香港の商業施設、空室率上昇へ 海外ブランドが事業縮

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!