最新記事

スポーツ

ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い少女」

Don’t Run From the Problem

2019年12月03日(火)16時55分
シャノン・パラス

中距離の高校記録を次々と塗り替えたケインは、陸上界の期待の星だった JONATHAN FERREY/GETTY IMAGES

<男性中心の指導現場の認識不足で、女子陸上選手を無月経に追い込む理不尽な特訓が横行>

「アメリカで一番足が速い少女」だったメアリー・ケインがナイキ・オレゴン・プロジェクトに加わったのは大学1年のとき。同プロジェクトはナイキが陸上中長距離の選手育成のため本社のあるオレゴン州に設立した精鋭チームだ。

ヘッドコーチのアルべルト・サラザールは当時「世界一有名なトラック競技のコーチ」だったと、ケインはニュ ーヨーク・タイムズのウェブサイトで公開された動画で語っている。サラザールもケインの素質にほれ込み、「『君はこれまでに私が見た中で最も才能のある選手だ』と言ってくれた」という。動画でケインは、このパートナーシップが破綻した経緯を語っている。

ナイキのシューズの売り込み文句は、選手の走りをしっかりとサポートし、個々の選手に合ったカスタマイズが可能、というもの。ナイキの精鋭チームもこのコンセプトどおり、個々の選手に合わせたオーダーメイドの育成を行っていると思うかもしれない。だがケインの強化プログラムは、彼女の身体特性を無視したものだった。「男性ばかりのナイキのスタッフは記録を上げたいなら減量しろと私を追い込んだ。もっと、もっと、もっと痩せろ、と」

サラザールに目標体重を「恣意的に」設定され、ケインは記録そっちのけで体重を気にするようになった。3年間も月経がない状態が続き、エストロゲン不足で骨がもろくなり5ヶ所骨折した。「感情的、肉体的な虐待だった」と、彼女は動画で訴えている。

サラザールはその後ドーピングへの関与で資格停止となり、今年10月にオレゴン・プロジェクトは閉鎖。ケインの告発については調査を行うと、11月初めに発表した。だがケインを苦しめた問題はそれで片付いたわけではない。

【参考記事】「世界陸上断念の女子陸上セメンヤ選手はただの女性、レイプのような検査をやめて出場させてほしい」

体が軽いと好記録が?

多くの女性ランナーが無理な減量を強いられ無月経に悩んでいる。男性中心の指導現場では女性の身体的な特徴が十分に認識されていないためだ。元長距離選手のティナ・ミューアは長年無月経が続き、結婚後も妊娠できないことに不安を感じて、引退した。「周囲には無月経の選手が大勢いたけど、表立っては問題にされなかった」

無月経は不妊だけでなく、心臓や血管の病気や骨粗鬆症のリスクも高めるが、陸上界では無月経を厳しい練習に耐えた証しとみる風潮がある。

【参考記事】13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

RANKING

  • 1

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 2

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    恐怖の12分間...血と涙の『くるみ割り人形』残酷な舞…

  • 4

    子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

  • 5

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!