最新記事

スポーツ

ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い少女」

Don’t Run From the Problem

2019年12月03日(火)16時55分
シャノン・パラス

女子選手に無理な減量を強いる慣行の背景には、2つの誤った思い込みがある。1つは走り込めば痩せるのが当然だという考え。実際は、選手の強化のためには走って燃焼したカロリーの大半をきちんと食べて補うことが重要だ。

加えて「体重が軽ければ、速く走れる」という誤った通念もある。人体には単純な運動力学は当てはまらない。極端な食事制限で心理的なストレスがたまれば、競技パフォーマンスは低下するだろう。

無理な減量は無月経ばかりか、摂食障害や醜形恐怖症を招くこともある。こうした弊害をなくすためにも、指導現場に女性コーチが増えることが望ましい。ケインも今、指導者として選手の育成に当たっている。彼女はスポーツ界に戻った動機をこう語った。

「なんのために走るのかじっくり考えてみた。そして子供の頃の自分を取り戻したの。走るのが大好きで、チャレンジを楽しんでいた自分を」

©2019 The Slate Group


20191210issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月10日号(12月3日発売)は「仮想通貨ウォーズ」特集。ビットコイン、リブラ、デジタル人民元......三つ巴の覇権争いを制するのは誰か? 仮想通貨バブルの崩壊後その信用力や規制がどう変わったかを探り、経済の未来を決する頂上決戦の行方を占う。

[2019年12月 3日号掲載]

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

RANKING

  • 1

    女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

  • 4

    女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!