最新記事

スポーツ

13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

2019年02月14日(木)17時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Rudolph Ingram/YouTube

<ネットを賑わせている、足が速すぎる少年。その運動神経はNFL選手も舌を巻くレベルだった>

「ブレイズ・ザ・グレート(Blaze the Great)」――こう称される7歳児スプリンターに世界が熱い視線を送っている。

ワシントン・ポストが2月13日付けで報じた記事によると、話題の少年はアメリカ在住のルドルフ・ブレイズ・イングラム君。2月12日にツイッターに公開されたスポーツ情報サイト、ブリーチャー・レポートの投稿などが火種となり、世界中に彼の走る姿が拡散された。

Rudolph Ingram/YouTube


同紙によると、イングラムは4歳の時にトレーニングを開始。今回の100メートル走の記録は13.48秒で、これは同世代でのアメリカ記録になる可能性を伝えている。

NFL選手をも唸らせた運動神経

イングラムのインスタグラムアカウント@blaze_813に記載されているプロフィールからは、輝かしい経歴が伺える。陸上競技だけでなく、アメリカンフットボールにも取り組んでいるのだ。さらに、肉体美を生かしてフィットネス・モデルまでしているようだ。

I'm My Only Competition...Hard Body #Athlete #Strong #Fitness #nophotoshop

Blaze The Greatさん(@blaze_813)がシェアした投稿 -

「7歳児がトラックで超高速」(USAトゥデイ)「7歳のアスレチックフリークの拡散が止まらない!」(ニューヨーク・ポスト)と、メディアも大きく取り上げている。

イングラムは昨年の夏にNFLのタンパベイ・バッカニアーズを訪れ、所属するマイク・エバンス選手を相手に、その並外れた運動神経で驚かせたというエピソードも持つ。

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    世界的ベストセラー作家が体当たりで調べた「40代女…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!