最新記事

インド

世界的コンサルの取締役の失言で露呈したビジネス界の「何気ない性差別」

2019年12月06日(金)17時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真はイメージ taa22-iStock

<「女性がタイヤのパンクを修理することは無理」!? 言葉の節々に滲み出る、その人の本質...>

インドでは、花嫁の家族が嫁ぎ先に結納金、高価な自動車や宝石、住居などを贈呈する「ダウリー」という習慣がある。政府は1961年にダウリーを法的に禁止したが、現在もこの風習は根強く残っており、ダウリーの贈り物に不満を持つ花婿の家族が嫁を虐待。最悪の場合は自殺などに追い込むケースも報告されている。

2017年の統計によると、ダウリーをめぐり1日平均で21人が死に追い込まれた。1999年から2016年まででは、女性の自殺者の半分以上がダウリー関連とされるほど、インドでは今も大きな社会問題となっている。

【参考記事】インドの女性問題と階級格差を描く『あなたの名前を呼べたなら』

ここにきて、このダウリーが全く異なる側面で話題になった。大手会計事務所デロイト傘下のデロイト・デジタルがインドのムンバイで主催したマーケティングの技術と体験に関するセミナーで、同社のジャイ・ブーバ取締役が貴重なデータをダウリーに例える「Treat data as the new dowry」という発言をしたためだ。

(ジャイ・ブーバ氏)


【参考記事】「女性は取締役には向かない」──英調査で浮き彫りになった呆れた上役の本音と現場のリアル

ツイートでこの情報が流れると(運営元がブーバ氏の言葉、Treat #date as the new "dowry"を引用した投稿はすでに削除されている)、「家父長制度の亡霊であるダウリーを比喩として用いる必要性はあるのか」などの批判が続出。デロイト・インディアの広報担当者も「言葉の選択を間違った。貴重なデータをダウリーに例えたことは遺憾」と述べ、陳謝する事態に至った。

この背景には、まだ女性差別の風潮がインド社会に浸透している現状があるようだ。

タイヤ大手企業のトップは、「女性がタイヤのパンクを修理することは無理な話」と決めつけ、それを新商品の販促に利用しようと考えていることを明らかにした

インドではびこる、性差別の問題を意識すらしていない「何気ない性差別」。女性に苦痛を与えているダウリーを安易に比喩として用いてしまう企業幹部の意識が、インド社会のひずみを図らずも広く伝える結果になってしまった。

【参考記事】異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

関連ワード

ニュース速報

ワールド

28日にも全日空機を派遣、武漢など滞在の日本人帰国

ビジネス

独IFO業況指数、1月は予想外の低下 サービス業の

ワールド

ロシア、中国ツアーの販売を中止 新型肺炎を警戒

ワールド

情報BOX:止まらない感染、新型コロナウイルスの基

RANKING

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    人には「代謝型」「免疫型」など4種類の歳の取り方が…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    人には「代謝型」「免疫型」など4種類の歳の取り方が…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 4

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 5

    子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!