最新記事

感染症

モラル・バイタリズムの賜物? 魔女信仰と感染症防止の関係に新説

Witchcraft and Disease

2019年11月29日(金)16時05分
ロージー・マッコール

今回の研究では28カ国の3202人の大学生に「この世には超自然的な善と悪の勢力が存在する」などの見方について意見を求めた。その結果、ドイツやフィンランドなどヨーロッパ中部と北部の国々はモラル・バイタリズムが低く、歴史的にも病気の流行が少なかった。中国やインドネシアはその対極で、アメリカは病気の発生は少ないがモラル・バイタリズムは高いという独特な結果を示した。

【参考記事】人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶりに故郷の村へ

研究者らはモラル・バイタリズムと保守主義の関係も指摘している。病気の発生率が高い地域では、モラル・バイタリズムが保守主義の高まりを助長した可能性があるという。例えば伝統的な文化規範(食事の準備の仕方など)や自民族中心主義(よそ者を避ける傾向)は、共に保守主義に関連している上、病気の蔓延防止につながる。

もちろん邪悪な存在の信仰に関係している要因は、ほかにもあるだろう。だが研究チームは、3つの研究ががもたらす結論には強い説得力があるとして、悪魔信仰は病気への心理的反応の少なくとも一部と言えると結論付けている。

中世の魔女狩りには、隠れた役割があったということか。

【参考記事】米国でミレニアル世代を中心に「魔女」が急増中、その理由とは


20191203issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月3日号(11月26日発売)は「香港のこれから」特集。デモ隊、香港政府、中国はどう動くか――。抵抗が沈静化しても「終わらない」理由とは? また、日本メディアではあまり報じられないデモ参加者の「本音」を香港人写真家・ジャーナリストが描きます。

[2019年11月26日号掲載]

ニュース速報

ワールド

イスラエル首相、来週訪米 中東和平案協議の公算

ワールド

WHO、新型肺炎で緊急事態宣言見送り 情勢は緊密に

ワールド

中国河北省で新型肺炎患者死亡、武漢以外で初 国内1

ワールド

独首相、5G業者選定は「多様化重要」 1社完全排除

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    人には「代謝型」「免疫型」など4種類の歳の取り方が…

  • 3

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 4

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 4

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 5

    子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!