最新記事

感染症

モラル・バイタリズムの賜物? 魔女信仰と感染症防止の関係に新説

Witchcraft and Disease

2019年11月29日(金)16時05分
ロージー・マッコール

今回の研究では28カ国の3202人の大学生に「この世には超自然的な善と悪の勢力が存在する」などの見方について意見を求めた。その結果、ドイツやフィンランドなどヨーロッパ中部と北部の国々はモラル・バイタリズムが低く、歴史的にも病気の流行が少なかった。中国やインドネシアはその対極で、アメリカは病気の発生は少ないがモラル・バイタリズムは高いという独特な結果を示した。

【参考記事】人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶりに故郷の村へ

研究者らはモラル・バイタリズムと保守主義の関係も指摘している。病気の発生率が高い地域では、モラル・バイタリズムが保守主義の高まりを助長した可能性があるという。例えば伝統的な文化規範(食事の準備の仕方など)や自民族中心主義(よそ者を避ける傾向)は、共に保守主義に関連している上、病気の蔓延防止につながる。

もちろん邪悪な存在の信仰に関係している要因は、ほかにもあるだろう。だが研究チームは、3つの研究ががもたらす結論には強い説得力があるとして、悪魔信仰は病気への心理的反応の少なくとも一部と言えると結論付けている。

中世の魔女狩りには、隠れた役割があったということか。

【参考記事】米国でミレニアル世代を中心に「魔女」が急増中、その理由とは


20191203issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月3日号(11月26日発売)は「香港のこれから」特集。デモ隊、香港政府、中国はどう動くか――。抵抗が沈静化しても「終わらない」理由とは? また、日本メディアではあまり報じられないデモ参加者の「本音」を香港人写真家・ジャーナリストが描きます。

[2019年11月26日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

伊藤忠がファミマにTOB、総額5800億円で非上場

ビジネス

イオン、今年度の減益予想据え置き 回復基調も先行き

ワールド

中国、チベット問題巡り米国に対抗措置 ビザ発給を制

ワールド

「骨太方針原案」を簡素化、基礎的財政収支の目標年度

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!