最新記事

サイエンス

幼い息子が癌で目を失った......スマホの写真から病気を発見するアプリを父親が開発

Eye Cancer App for Kids

2019年10月23日(水)17時00分
カシュミラ・ガンダー

写真はイメージ HIGHWAYSTARZ-PHOTOGRAPHY/ISTOCKPHOTO

<写真から「白色瞳孔」の初期症状をチェック。撮りだめしたわが子の笑顔を活用しよう>

幼い息子が癌で片方の目を失ったという科学者が、写真で目の病気の早期発見を助けるアプリを開発した。

このアプリは「ホワイト・アイ・デテクター」。名前のとおり、白色瞳孔の早期発見に役立つ。白色瞳孔とは、瞳孔から入った光が網膜にできた腫瘍に反射して白く見える症状。網膜芽細胞腫という5歳以下の子供に 多い目の希少癌や、特殊な網膜剥離で視力が低下するコーツ病、白内障、弱視、遠視などによく見られる。

白色瞳孔は子供の健康診断で チェックするが、写真でも見つけやすい。フラッシュなどの光が網膜の血管と眼球の血管膜に当たると、普通は瞳が赤く反射して写る。しかし前述のような疾患がある場合、瞳が白っぽく、あるいは黄色がかったオレンジ色に写るのだ。

【参考記事】「スマホの電磁波で癌になる」は本当か

10月初めにサイエンス・アドバンシズ誌に掲載された論文によると、開発チームは40人の子供の親から寄付された5万2982枚の写真を、アプリを使って検証した。40人のうち20人は目の疾患があり、20人は疾患がない比較対照のグループとした。

その結果、白色瞳孔が見られる写真のうち30%について、アプリも症状を検出した。さらに疾患のある子供の80%について、医師の診断より平均で1年4カ月ほど前の写真から、目の色の異常を検出した。

白色瞳孔ではない写真を誤認する確率は、1%に満たなかった。また、白色瞳孔の症状が見られても、上記のような疾患を必ず伴うとは限らない。

アプリは一般公開されており、無料でダウンロードできる。プライバシー保護のため、利用の際に画像をサーバーにアップロードしたりする必要はない。

ニュース速報

ビジネス

米住宅着工件数、10月3.8%増 許可件数12年5

ワールド

ロシア、協調減産拡大に反対 現行維持は賛同=関係筋

ビジネス

足元の金利は適切、物価目標の持続的達成は間近=NY

ワールド

トルコ大統領「ロシア製ミサイル破棄せず」、トランプ

RANKING

  • 1

    カオスな閉店セールと共に去ったフォーエバー21 フ…

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    平然と他人に責任を転嫁しがちな「誇大型ナルシスト…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

  • 4

    平然と他人に責任を転嫁しがちな「誇大型ナルシスト…

  • 5

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!