最新記事

フェミニズム

「女性が性的虐待やレイプされないスリラー小説を書きましょう」 スタンチ賞は言論統制?

Thrillers and Violence Against Women

2019年07月25日(木)17時05分
マリッサ・マルティネリ

小説が「レイプ神話」の拡散を助長している? FUNKY-DATA/ISTOCKPHOTO

<「女性の虐待なきスリラー小説」が対象のスタンチ賞に異論噴出。問題提起という目的は達成しているようだが......>

イギリスの作家・脚本家のブリジット・ローレスが「スタンチ賞」を発足させたのは昨年のこと。これは「女性が殴られたり、ストーキングされたり、性的に虐待されたり、レイプされたり、殺されたりしない」スリラー小説を対象にした文学賞だ。昨年の第1回受賞作には、ジョック・セロンの『オン・ザ・ジャバ・リッジ』が選ばれた。

この賞の計画が発表されると、女性作家を中心に、たちまち激しい議論が沸き起こった。「(女性に対する暴力を)描かないのは、それから目をそらすのと同じことだ」と、犯罪小説家 のバル・マクダーミドはツイッターで批判した。

心理サスペンス作家のソフィー・ハンナは、自分の作品を賞に応募しないよう出版社に求めるつもりだと表明。スタンチ賞が一部の犯罪だけを否定していることの問題点も指摘した。「男性が殺される作品にスタンチ賞が授与されたら、この賞が男性なら殺されていいと認めている、少なくとも否定していないと結論付けざるを得ない」と、ハンナはフェイスブックへの長文の投稿で訴えた。

女性への暴力を描いた作品が全て搾取的とは限らないことは、提唱者のローレスも認めている。「それでも、その種の作品を読みたくない人もいる。彼らが読みたいと思える作品を見つけられるようにする必要がある」

femi02-nww-190730jpg.jpg

「スタンチ賞」を発足させたブリジット・ローレス AP/AFLO

さまざまな批判はあるにせよ、スタンチ賞が当初の目的を達成したことは間違いないだろう。「フィクションの世界に女性への暴力があふれている現実に光を当てる」という目的だ。

賞の理念を支持する声もないわけではない。カナダの大御所女性作家マーガレット・アトウッドは、おそらくこの賞に対して好意的な考えを抱いているのだろう。彼女の作品の多くは応募資格を満たしていないように見えるが、ツイッターでローレスのラジオインタビューの記事を紹介。「スタンチ賞が欲しい? それなら、女性が性的に虐待されたり、レイプされたり、殺されたりしないスリラー小説を書きましょう」と呼び掛けた。

現実に存在しない理想郷

スタンチ賞は今年の応募作を受け付けるに当たり、女性への暴力を描いた作品に対して一層厳しい姿勢を打ち出した。とりわけ、主催者側がウェブサイトに掲載した以下のコメントが、スリラー作家たちを改めて戸惑わせている。

ニュース速報

ワールド

新型肺炎の感染者1300人超、欧・豪州に拡大 中国

ワールド

アングル:外為法改正、海外投資家の異論続く 財務省

ワールド

焦点:温暖化阻止へ肉食メニュー排除 ダボス会議に問

ワールド

アングル:新型肺炎、航空業界への打撃は SARSと

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    人には「代謝型」「免疫型」など4種類の歳の取り方が…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 4

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 5

    子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!