最新記事

アメリカ社会

レイプや近親相姦でも「中絶禁止」の衝撃

NO ALLOWANCES FOR RAPE OR INCEST

2019年05月29日(水)11時45分
ルース・グラハム

最高裁前で中絶禁止を掲げるデモ隊(19年1月、ワシントン) JOSHUA ROBERTSーREUTERS

<アラバマ州で全米で最も厳しい中絶禁止法が成立。女性に中絶の権利を認めてきた歴史が覆されつつある>

12年、ミズーリ州の上院選挙に出馬していたトッド・エイキン下院議員(共和党)がレイプ被害者の人工妊娠中絶について見解を問われた際、彼の答えは党派を超えて一笑に付された。エイキンは自信たっぷりにこう言ったものだ。「医者たちによれば......もしそれが本当にレイプであるなら、女性の体には流産しようとする機能が備えられている」、と。

これには保守派からも批判の声が上がり、エイキンは選挙で惨敗した。しかし当時、中絶反対派が学んだのは、エイキンの発言が問題視されたのは根拠のない医学的知見に言及したからであり、彼がレイプ被害で妊娠した女性にも中絶を認めないと示唆したからではない── ということだったらしい。

あれから7年。この間、アメリカにおける中絶政策は一変した。5月15日、アラバマ州で中絶を実質的に受胎の瞬間から全面的に禁止する「全米で最も厳しい」中絶禁止法が成立。数時間後には、ミズーリ州議会が妊娠8週からの中絶を禁止する法案を可決した。2州の法案について最も目を見張るのは、レイプや近親相姦によって妊娠した場合についても「例外なく」中絶を禁止している点だろう。アラバマの新法は、中絶をした医師には禁錮10年から最大99年の刑を科すとしている。

歴史的には、中絶反対を掲げる活動家や政治家の間でさえ、レイプや近親相姦による妊娠については中絶禁止の例外とするのが主流派だった。被害者にトラウマを強いながら妊娠から出産まで堪えさせるのは酷だ、という見地からだ。キリスト教福音派が 年に発表した見解でもこれらのケースには中絶を勧めていたし、共和党の歴代大統領であるレーガンやブッシュ親子もこうした例外を支持。トランプ現大統領も予備選中の15年に「例外に賛成」と発言した。

アメリカが変わり始めた

だが、それも過ぎ去りし日のこと。アラバマ州の新法が例外を認めていない(母体に危険がある場合のみ認めている)のは、この法案の支持者たちが、中絶を女性の権利と認めた73年の連邦最高裁判決を覆すことを最終的な目的としているからだ。

現在の中絶反対派の新しい「主流派」は、例外は倫理的に認められない、という共通認識を持っている。もし妊娠初期の中絶が「殺人」であるなら、例外に対しても同じだ、と。

中には、中絶を認めないことはレイプの被害者にとって利益になるという声さえある。「レイプ犯にとって中絶は大歓迎だ。 自分たちの罪を隠してくれるのだから」と、保守派ライターのマット・ウォルシュはアラバマ州法成立に際してコラムに書い た。「もし仮に15歳のレイプ被害者が出産したら、加害者の有罪をDNAテストによって判定できるかもしれない」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、中絶の権利法制化呼びかけ 上院規則改定

ビジネス

中国製造業PMI、6月は51.7に上昇 1年1カ月

ビジネス

景況感、非製造業が製造業を逆転 原材料高が重し=6

ワールド

中国の対ロ軍事支援見られず、商務省措置は通常対応=

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    英王室がサインをしない理由

  • 3

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売