最新記事

アメリカ社会

レイプや近親相姦でも「中絶禁止」の衝撃

NO ALLOWANCES FOR RAPE OR INCEST

2019年05月29日(水)11時45分
ルース・グラハム

「例外」をめぐる議論は、前回の大統領選の共和党予備選で福音派候補のテッド・クルーズとマルコ・ルビオ両上院議員が例 外への反対を示唆した際に、大きな変化を遂げ始めたと言える。そして今回、アラバマで中絶禁止法が成立して中絶反対派の間 で広がった祝賀ムードを見る限り、彼らが「例外禁止」に大きく傾いたことが分かる。

全米規模で見れば、18年のギャラップ社の調査でレイプや近親相姦の場合、妊娠3カ月までの中絶は合法だと考える人は4分の3以上に上る。とはいえ、昨年から複数の州で中絶禁止法が次々と成立しているのも事実だ。来年の大統領選でも大きな争点になることは間違いない。

©2019 The Slate Group


20190604cover-200.jpg
※6月4日号(5月28日発売)は「百田尚樹現象」特集。「モンスター」はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか。『永遠の0』『海賊とよばれた男』『殉愛』『日本国紀』――。ツイッターで炎上を繰り返す「右派の星」であるベストセラー作家の素顔に、ノンフィクションライターの石戸 諭が迫る。百田尚樹・見城 徹(幻冬舎社長)両氏の独占インタビューも。

[2019年5月28日号掲載]

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    カーダシアンの顔になるため整形代60万ドル...後悔し…

  • 1

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン妃のお気に入りブランド、アンバサダーは別…

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売