最新記事

キャリア

上司への媚び売りは疲労の原因に 心にも体にもダメージ大

2018年08月02日(木)17時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ゴマスリすると疲労がたまる XiXinXing-iStock

<無理に上司アゲしたり、従属するようなゴマスリ・おべっかは、余計なタスクになり疲れの原因となる...>

先ごろ発表された研究は、職場で媚びへつらうことの自己ダメージを明言した。上下関係のある場所で働いた経験があれば、自らそう振る舞ったり、ゴマスリ社員として名を馳せる同僚も存在するだろう。そう、誰しもがイラついていたことの影響が解き明かされたのだ。

ニューヨーク・ポストによると、オレゴン州立大学の研究チームは、媚びを売る行為によって、時間の無駄遣い、アポイントの見逃し、同僚からの悪評といったデメリットが生じる可能性とともに、本人の精神的・肉体的なダメージについて報告した。

媚び売りは自分の体にダメージ

研究の対象となったのは、中国大手ソフトウェア会社の中間管理職75人。2週間にわたり日記を記すよう指示し、そこから彼等が上司に対しどのように、ゴマスリ・おべっかと自己アピールを繰り広げているかを解析した。

※ゴマスリやおべっかは、上司の意見への同調や尽力、お世辞。自己アピールは、自身のキャリアの成功に向けた上司からの信頼の獲得、職務上のパフォーマンス向上と他のキーパーソンへの積極的な関係構築を指す。

調査対象の従業員たちは日々、ゴマスリの範囲を広げていたという。そしてそれに比例するような形で、疲労を溜め、1日の終わりには彼らが消耗し切っていることが分かった

「これは、ゴマスリ・おべっかが自らにダメージを与える行為だということを意味している。上手におべっかを使うに当たって、誠実さが強いられ、そこに自制心が生まれるから。上司をアゲたり、わざと従属するようなゴマスリ・おべっかは、もはや新たな職務となり疲弊する可能性がある」とKlotzは言っている。

それも、能力のない上司の下なら労力は、より一層増す。強制される誠実さと気持ちのギャップ、現実に対する本音を自制するパワー、できない上司をフォローする心労など、本来必要のない余計な「仕事」は、目に見えない大きなダメージを与える。

疲れ果てた従業員は、どうなるか――本来取り組むべき仕事もせずに同僚に不満を抱いたり、ネットサーフィンに興じるなど、オフィスの異常事態とも取れる「憂さ晴らし」が報告された。一方で自己アピールとされる行為は、精神や肉体的な疲弊との関連性は認められなかったという。

【参考記事】身近な「サイコパス」から身を守るための知識

ニュース速報

ワールド

英政府の離脱協定案、議会通過見込めない=スコットラ

ビジネス

貿易収支が2カ月ぶり赤字、原油高響く 輸出プラス転

ワールド

サウジ記者殺害テープ、トランプ米大統領「聞きたくな

ビジネス

焦点:世界株安で蘇る「バリュー株」人気、成長株は後

RANKING

  • 1

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 4

    海外移住「キャリアアップ」のリアル──日本人女性の…

  • 5

    息子が死ぬまでいじめに気づけなかった――新学期から4…

  • 1

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    キャンパスに寝袋、知り合いのソファを転々......学…

  • 4

    国連演説に人気番組出演! アメリカでBTS旋風が…

  • 5

    海外移住「キャリアアップ」のリアル──日本人女性の…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 3

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:東京五輪を襲う中国ダークウェブ

2018-11・27号(11/20発売)

無防備な日本と東京五輪を狙う中国ハッカーたち── ネットの奥深くで始まったサイバー作戦の狙いは?

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!