最新記事

英王室

エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘の反応明かす

2018年6月20日(水)17時20分
有元えり

マウントバッテン卿(右)、先妻ペニー(中央)、婚約者のジェームズ・コイル(左) Breaking News 2018-YouTubeより

<史上初となる同性ロイヤルカップルがこの夏誕生する。女王の従弟が結婚への道のりを語った>

先月行われたハリー王子とメーガン妃のロイヤルウエディングに続き、先週16日にはダイアナ妃の姪にあたるセリア・マッコーコーデール(ダイアナ妃も着用したスペンサー家に伝わるティアラを披露!)の挙式が行われたりと、英国王室の周辺はおめでたいニュースが相次いでいるが、この夏にはもうひとつ、史上初となるロイヤルカップルが誕生する。

バイセクシャルを公表したのも英国史上初

今回の主役である55歳のアイバー・マウントバッテン卿は、ビクトリア女王の直系で玄孫にあたり、エリザベス女王の従弟という由緒正しい家柄の生まれである。母は、ロシアの国民的詩人アレクサンドル・プーシキンの孫であることから、プーシキンの子孫であることでも知られている。

1994年にペニー・マウントバッテンと結婚。3人の娘にも恵まれていたが、2011年に破局。2016年にはバイセクシャルであることをカミングアウトし、スイスのスキーリゾート地ヴェルピエで出会った、航空会社の客室サービスのディレクターを務めるジェームズ・コイル氏と交際中であることを公表していた。

そんな中、この程2人は結婚を決意したことを英デイリーメールのインタビューで明言。今夏、イングランド南西部のデヴォン州にある田園に囲まれた小さな教会で式を挙げることを明らかにしたが、マウントバッテン卿は、同性愛者でありながらも異性と結婚したことの苦悩や、娘たちへの父としての思いについても率直に語っている。

「(最初の)結婚をしたとき、ペニーを愛していましたし、今でも大好きです。家族を愛していましたし、こんな風に世界が変わるとは、夢にも思いませんでした。男性と結婚することになるなんて」

「長女のエラにこのことを話したら、『あら、パパ、大したことじゃないわ。今じゃ普通のことよ』と言っていました。こういう概念に関して、彼らは冷静でいられる世代です。自分たちの父親が当事者だと、そんなに冷静ではいられないものですが、完全に理解してくれました」

「私はこれまでのほとんどの人生を異性愛者として生きてきました。だから、仲間を持つのは普通のことではないです。素晴らしいことなのですが、いつも標準であろうとしていたので、理想の世界では妻を持つことを良しと考えていたのです」

ニュース速報

ワールド

訂正:米朝首脳会談は来年の公算、核合意守らせる=ペ

ワールド

訂正-北朝鮮メディア、正恩氏が「新開発」兵器の実験

ワールド

北朝鮮の金正恩氏、新開発の戦術兵器の実験視察=KC

ビジネス

米テスラ、月末までのモデル3受注は年内納車へ=マス

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏論のウソ

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月