最新記事

米外交

米「これは戦争ではない」の欺瞞

米外交が他国から嫌われる理由は、シリア攻撃を「戦争ではない」と言い張る根拠をみればわかる

2013年9月19日(木)15時42分
ピーター・バイナート
(ニューヨーク市立大学准教授)

戦争が日常 ケリー米国務長官の詭弁に隠された米政府の習性とは Joshua Roberts-Reuters

 アメリカの外交政策が他国で嫌われる理由を知りたければ、ジョン・ケリー国務長官が先週、上院外交委員会の公聴会で行った発言を聞けばいい。

「アメリカもシリアで戦争をしたいわけではない。議論しているのはその点ではない。大統領は、あなた方に戦争に行ってくれと求めているわけではない」

 この言葉を踏まえた上で、あなたの国が爆撃されていると考えたら何が見えてくるだろう。

 ケリーの言葉は支離滅裂だ。プロセインの軍事戦略家カール・フォン・クラウゼビッツは『戦争論』で、「戦争とは大規模な決闘以外の何ものでもなく」「敵をわれわれの意志に従わせるための暴力行為だ」と書いた。この古典的な、議論の余地のない定義によれば、オバマ政権がシリアに行おうとしていることは戦争そのものだ。

 対シリア軍事行動の決議案が上下両院で可決されたら(もしかしたら可決されなくても)、アメリカは地中海に待機する駆逐艦や潜水艦からミサイルを発射してシリアを攻撃するとみられている。巡航ミサイルのトマホークには約450キロの爆弾か、166基のクラスター爆弾が搭載されている。

 450キロの爆弾は建物をあっけなく破壊する。クラスター爆弾は「内蔵する発火装置が200個以上の鋭い金属片を放出し、半径最大150メートルの範囲に被害を与える。爆弾は発火性の高いジルコニウムを飛散させ、近くの目標物に損害を与える」と、アムネスティ・インターナショナルの報告書は伝えている。

 アメリカはシリア政府軍とその施設に対して、数百発のトマホークを発射することを検討中だと伝えられる。マーチン・デンプシー米統合参謀本部議長は「一般市民が巻き添えになる可能性」を認めている。

 要するに、オバマ政権はシリア市民の殺害も計画している。バシャル・アサド大統領に再び化学兵器を使用させないためであり、対イラン攻撃もあり得るという空気をつくり上げるためだ。これは戦争だ。

 では、なぜケリーは「戦争ではない」と言うのか。トマホークを発射する艦船はシリアから遠く離れた地点にいるため、反撃される恐れがないからだ。つまり、戦争とは他国民がアメリカ人を殺したときに起こるもので、その逆はないという理屈だ。

 ケリーがそう考えるのも無理はない。彼にとっては、多くのアメリカ兵が危険にさらされるときだけが「戦争」だ。ベトナムやアフガニスタン、イラクがそうだ。アメリカは「戦争」を頻繁に戦わず、戦うときは実にまじめに取り組む。

 これとは逆に、他国民を危険にさらすことを「戦争」と呼ぶのなら、アメリカにとって戦争は日常的なもので、議論にさえならない。今この瞬間も、米軍の無人機がアフリカや中東、南アジアの上空からテロ容疑者を攻撃しようとしていることを思い出してほしい。

 だから「大統領は、あなた方に戦争に行ってくれと求めているわけではない」というケリーの発言は、ある意味で正しい。大統領は、そう求める必要がないのだ。自国民やアメリカ兵が犠牲にならない限り、アメリカ人にとって「戦争」ではないからだ。そして他国が同じように考えていないことに驚き、ただうろたえる。

[2013年9月17日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中